2012年05月05日

借りた車

COM_3769-2COM_3767-2 いつも同じ会社で車を借りるので、会員になっている。多少割引もあるし、予約が確実なので便利ではある。
 空港に到着して案内バスに載って営業所に行くと、自分の名前が電光掲示してある。その番号の場所に行けば、借りるべき車がトランクを開けて待っている。スーツケースを放り込んで出発である。今回の車はスバル・レガシーであった。全くの新車で、走行距離は4マイルであった。たまに新車に当たるが、これほど少ない車は初めてだ。今までの経験では約100マイルというのがあった。

COM_4029-2COM_3992-2COM_3770-2COM_3991-2




 正直なところ、4輪駆動車は降雪時以外歓迎しない。燃費が悪いからだ。今回1600マイル(約2500キロ)走っての平均燃費は31マイル/ガロン(12.9 km/L)である。これはカタログ通りであった。しかし、同程度の2輪駆動車なら15 km/L 位走るはずだ。

 この車は常時その瞬間の燃費が表示されるので、走行中それをよく見て経済運転に徹した。面白いのは、トップギヤを選んでいると燃費が良いことである。これは意外であった。
 高速道路で、かなり急な上り坂であっても、ギヤをシフトダウンせず、トップのままアクセル開度を大きくした方が低燃費である。どうやら燃料消費量は回転数の影響が大きいようだ。この車はオートマティックではあるが、ギヤを手動選択できるので、このような実験が簡単に出来る。今までシフトダウンを許す運転法をしてきたのは間違いであった。 
 色々な速度で運転したが、67マイル/時(107 km/時)での燃費が最も良かった。日本では60 km/時での燃費が良いと信じられているが、どうもそうではなさそうだ。もちろん、この車の燃費表示が正しいという前提の話である。70マイル/時 (112 km/時)でもそれほど変わらなかったが、それ以上では徐々に落ちた。

 日本の車の高速道路での燃費設定は100km/時であるらしい。それを超えると急速に悪くなる車が多い。今度開通した新東名では制限速度120 km/時になるという報道が多かったが、それが実現していたら、燃費の悪化に愕然とした人が増えたかも知れない。筆者の持っているドイツ車は120km/時での燃費が最も良さそうである。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 自動車屋   2012年06月19日 21:25
燃費ベストギヤ位置
過給器なし、ガソリンエンジンに限定します。
エンジン負圧計があるとわかりやすいのですが、吸入負圧50mmHg(全負荷一歩手前)より負圧が大きい(低負荷)ならばどんどんシフトアップ(エンジン回転を下げる)のがベスト燃費です。
無負荷(アイドリングとかアクセル全閉の減速中)の吸入負圧は550mmHg程度で、軸トルクとはまあ線形ですから、
90%負荷(アクセル開度90%ではありません。アクセル開度はずっと小さいです)まではとにかく踏んでシフトアップ!
距離計は、速度計とおなじで+誤差なので(タイヤ径の多少の違いはメーカーでも修正しない。ECUの種類が増えるので)燃費は甘めに出ます。燃料流量は、下手な計測器より正確です。(噴射パルス幅を積算)
2. Posted by dda40x   2012年06月20日 06:31
> どんどんシフトアップ(エンジン回転を下げる)のがベスト燃費です。

詳しいご解説ありがとうございます。要するにこの運転法で良かったのですね。理解しました。
その昔、エンジンは軽く使うものと教えられて、低いギヤを使うことが多かったのです。損をしました。ギヤを介するだけでも、損失は多いですね。
しかし、アメリカ車の一部には、「山間地ではOD(オーヴァドライヴ)よりもDを使うことが推奨する」とマニュアルに書いてありました。そのほうが燃費が良いそうです。ギヤが頻繁に変わるのを防ぐためもあると思います。クラッチが減りますからね。
3. Posted by 自動車屋   2012年06月20日 20:26
>その昔、エンジンは軽く使うものと教えられて

当時は、燃費に対しても、これが正解だったのだと思います。
キャブレターの時代は、空燃比(混合気の濃さ)が自由自在とはいかず、セカンダリが開くと空燃比が濃くなり、燃費が大幅悪化だったはずです。
また、昔は音振対策が未熟で、40km/h 5速 全開なんてことをやると、こもり音がひどく、実用に耐えない車ばかりでした。今は車体、駆動系等で対策していますから、まともなメーカーの製品なら、こもることはないはずです。

http://www.geocities.jp/bequemereise/drive_chr.html
大学の先生の説明なので、まあ正確ですが、ちょっとわかりにくですね。
4. Posted by dda40x   2012年06月21日 10:28
 確かに昔の車は低速で踏み込むことは難しかったですね。すぐノッキングを起こすのもありました。

 今回エアコンを入れたり切ったりして燃費を調べましたが、5%ほどしか変わりませんでした。
 夏ではないのであまり負荷が無いのかも知れませんが、大したものです。昔は20%くらいの負荷増加があったように記憶しています。
5. Posted by 自動車屋   2012年06月22日 07:55
エアコンの燃費運転は、「必要な時以外はとにかく内気循環」これにつきます。外気導入は、室温上昇、コンプレッサ負荷増大の二重苦になります。
6. Posted by dda40x   2012年06月23日 07:40
度重なる情報提供ありがとうございます。
私のドイツ車は、内気循環にすると10分くらいで外気に変わって仕舞います。
何回も切り替えを強いられるのでめんどうです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ