2012年04月29日

続々々 St.Louis の鉄道博物館

COM_3963-2COM_3967-2 この博物館には、興味深い貨車がいくつかある。その一つがこの16輪タンク車である。この貨車については栗生氏のブログでカヴァされている。早速写真をお使い戴いたので、もう御覧になった方も多いだろう。塗り替えたばかりのようで、つるつるであった。赤いペンキの飛び散った跡が周りにたくさんあった。
 黒丸は明らかに目玉を意識しているのである。
COM_3965-2COM_3964-2COM_3966-2 筆者はこの種のスパン・ボルスタの構造に興味がある。実物でも、このようなタンク車では剛性が大きく、線路のねじれに対しての追随性(コンプライアンス)が不足するはずである。どのような構造なのかが見たかった。
 
COM_3969-2 このtri-level auto carrier はねじられやすい構造だ。したがって、長くても設計は容易なはずだ。これと同系統の貨車をブラスで作った。模型は堅く、そう簡単にはねじられない。緩和曲線のカント増加部分で脱線した。ロンビック・イコライザを改良された伊藤剛氏の手法に従って、イコライジングした。全く脱線しない。
 それをお見せしたいのだが、ここしばらく行方不明である。どこかにはまり込んでいるだろうと楽観視しているが、もう半年ほど見かけない。  

追記 カヴァ coverする とは取材などによって記事を掲載すること、放送することである。複数の方から質問を戴いた。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ