2012年02月27日

Portland のLRT

OSW_3428 オレゴン州ポートランドは車が無くても生活できる街として知られる。そういう街はアメリカ中探しても数少ない。ボストン、ニューヨークそれとシアトルくらいしかない。しかしそのような大都市は地価が異常に高い。
 ポートランドはそれほどでもなく、市電が市街地を網の目のように走っていて、なおかつ町なかから空港まで、電車で行ける数少ない町である。この区間は片道2ドル40セントである。

 この街を見たいという政治家の友人の求めに応じて行ってみた。空港を出ると高速道路の中を走り、市街地まで20分である。大きな川を渡る橋は築101年のSteel Bridgeである。
 この川はWillamette川である。ウィラメットと言えばシェイのパテント切れを狙って参入してきたギヤード・ロコ製造会社の名前でもある。この街の川岸にあったはずである。
 今はあまり見ないが、昔はこのあたりには無数の製材会社があったのだ。

OSW_3440OSW_3448OSW_3450 この可動橋は上下二段で下はUPの本線、上はLRT
(Light Rail Transit)と自動車用である。下を船が通る時は20mほど持ち上がる。

 その部分で架線は当然切れている。多少剛性のある構造で重なるように飛び出しているのだ。
 橋の北には2万トンクラスの貨物船が穀物の積み込みをしている。たくさんこぼすので、水鳥たちがやってきてそれをついばむ。毎日食べきれないほどの餌を食っているのだから、みな丸々と太って飛べそうにない。

OSW_3456 この橋のたもとから、市内方面は電車の無料区間である。市中心部の駐車場を取り壊して電車をタダにするという思い切った施策で、自動車に依らない生活を実現した。中心部には駐車場を持たない高密度な集合住宅もある。

 ポートランドに行くことになったので、旧知の友人であるLarryに連絡を取った。彼は市内随一のLaw Firmを持ち、医療訴訟を専門としている。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ