2012年01月08日

続々々 Etchant

 長年温めてきたアイデアがあって、検証実験を始める前に、特許を調べてみた。どの程度のものがあるのか知るためだ。
 やはり、ある程度のものは既に押さえられている。「醤油+過酸化水素」の骨子となる物質を特定して指定してあるので、もうその方面のアイデアは面白くない。
 今考えているものは、具体的には言えないがもう少し高級な発想であって、それについては今のところ特許が成立していない。しばらくその方面を考えることにしよう。

 鹿ケ谷氏からクエン酸を過酸化水素と混ぜて使うというアイデアを戴いているが、これはかなり具合の良い方法である。速度が大きく、反応後の液は青緑色になる。廃液は捨てずに取っておいて、過酸化水素を加えればまた使える。この方法がうまく行くのはキレート化が起こるからである。キレートとはリガンドが環状の結合を作ったもので、例えば銅アンモニア錯イオンの二つずつのアンモニアを結んでそれぞれ五角形の結合を作る場合である。

 「塩酸と過酸化水素」の組み合わせは動画が見つかった。美術分野のエッチングである。レジストとしてフェルトペンを使用している。溶解作業中は細かい泡が出ている。反応後の液は黄緑色である。

 すでに述べたように、塩化鉄(III)に頼るエッチングというのは前世紀の遺物と言っても過言ではなく、さらに進化した方法をとるべき時代であることは間違いない。

 また、電解エッチング(電解研磨の延長)や、電解リヴェット生成などは、広く採用されるべきものであろうと思う。 

コメント一覧

1. Posted by 鹿ヶ谷   2012年01月08日 07:26
クエン酸はこちらではビール醸造(リンク参照)の用品屋さんで売っています。用途はよくわからないのですが多分PH調整用だと思います。
酸洗には希硫酸のほうが早くていいんですが危険なのでクエン酸にしています。それに匂いがしないのもいいですね。5%液で酸洗には充分です。
2. Posted by railtruck   2012年01月08日 08:27
私もロー付け後の酸洗いにクエン酸を使用しています。
百均でポット洗浄剤として細かい粒状タイプのものが売られています。20g×8袋入りが105円でした。
3. Posted by dda40x   2012年01月08日 08:29
> 酸洗には希硫酸のほうが早くていいんですが

クエン酸は酸味剤で食品添加物です。ありとあらゆる飲料に入っています。酢酸のように臭いのある酸ではないので、好都合です。
酸洗いには適します。本文にあるような理由で、硫酸より速いはずです。
たいていの人は気が付いていないのですが、空気に触れているということが非常に大切なのです。稀塩酸や稀硫酸の場合も同じです。
硝酸は自身が酸化剤ですが、硫酸やクエン酸は酸化剤ではないので、酸素を必要としています。
北半球では銅葺きの屋根がどんどん腐食しています。それは雨に硫酸が含まれるようになったからです。空気を飽和して降ってくる稀硫酸ですから、どうしようもありませんね。
4. Posted by 鹿ヶ谷   2012年01月08日 10:01
Railtruckさん、
それ安いですね。4月に日本に行く予定なので100円ショプで探してみます。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ