2011年12月29日

続 エッチング

Press'n Peel 円高のおかげでレターサイズ(A4に近い)1枚100円強である。熱転写してはがすタイプと、水で溶かすタイプがあって、価格は一緒である。プリンタはレーザ・プリンタか、コピィ機である。トナが融ける必要があるので、インクジェットでは駄目である。

 調べると日本にも入っている。多少高いが、それでも便利である。小さな銘板を作るのなら1枚当たり1円ほどであろう。

 このサイトでは試行錯誤の跡が見られる。小さく切ってプリントするときのアイデアは面白い。
 これは日本で販売している会社のウェブサイトである。ラミネータを使う方法も紹介されている。
 薄いアルミ板をエッチングする試みもある。

 しかし、鉄道模型に使ってみたというレポートは日本ではとても少ない。今回どっさり買ったので、ご希望の方にはお分けしたい。
 二種類あって、青いフィルムのものは大半使ってしまった。これは意外と使いにくい。プラスティックのフィルム(たぶんマイラ)が微妙に伸縮し、位置決めが意味をなさない。電気工作の片面基盤には適するのかもしれない。筆者は両面エッチングして抜き落としをしたいので、より良いものを使いたい。
 白い紙(これは青い方と違って艶のある方に印刷する)はあまり伸びないので具合が良い。また、青い方と違って多少の埃を噛みこんでも密着するように感じる。

コメント一覧

1. Posted by railtruck   2011年12月29日 16:04
この方法は転写紙に雑誌や広告の紙を使うのがミソかと思います。
恐らくコピー紙に比べ、トナーの定着が弱い。すなわち、転写し易く、あとの水洗いでも紙が剥がれ易いのではと考えています。いずれ試してみるつもりです。
http://www.riccibitti.com/pcb/pcb.htm

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ