2011年12月05日

炭素棒ハンダ付け電源の組立 

Clamping for keeping it cool 温度フューズはこの小さいブラス板の上に載っている。耐熱性の
Super X”で貼り付けてある。黒い物を用いたが、少々はみ出してしまった。
 念のために、ナイロンの結束材で軽く縛る。あまり強く縛ると、断線する可能性があるので注意する。

 磁気回路の外であるからほとんど問題ないが、一応影響が最小になるように、トランスの巻線から90度ひねった形にした。
 この部品のハンダ付けは注意を要する。温度フューズのハンダ付けは、大きなプライヤではさんで熱を逃がしながら付ける。熱がフューズの中に流れ込まないようにするためだ。そうしないと一瞬で熔断する。

 熱収縮チューブの加熱はハンダコテで行う。ガスバーナを使うと失敗する。この時は、水を含ませたティッシュでくるんで、フューズを冷やしておく。作業が終わったら直ちに導通を確認する必要がある。水があれば、大気圧下では100℃以下に保たれるはずである。

GOW_3143GOW_3146 配線はラグに絡めてから、ハンダ付けする。銅線の表面がハンダでつるつるになるのを確認してコテを離す。共晶ハンダでなければ、表面の艶が消えて固まるだろう。それが正しい姿だ。ハンダはヤニ入りの電気回路用の物を用いる。端子をよく磨けば簡単にハンダ付けできる。塩化亜鉛水溶液を用いてはいけない

 同じ方向の電線はナイロンの結束材で縛る。ナイロンは200℃に耐える材料である。

 配線に要する時間は30分以下であろう。
 
 キットを申し込まれた方には、通知の往復葉書を発送した。必要事項を記入して返送されたい。


 近所の友人がすでに組み立てて使用感を伝えてきた。「フューズが飛びすぎる。」というものだ。「 5Aのものがあったので、それに取り換えたら問題はない。」そうだ。
 この使い方で火事になることはないが、いずれ温度フューズが飛んで面倒なことになる。お近くのホームセンタなどで 5 A の管フューズ 10 A 型の温度フューズを買い求められたい。温度は厳密なものではないので 100 ℃から 120 ℃であればよいと思う。


トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by YUUNO   2011年12月06日 17:22
温度ヒューズを正しく動作させるためには取り付け方をよく考える必要がありますが、接着剤の熱伝導率は大丈夫でしょうか?
2. Posted by dda40x   2011年12月06日 21:15
全くその通りです。このトランスの使用法では巻線の温度上昇速度が大きいので、コアに温度フューズを付けても熱慣性が大きく、意味がありません。絶縁紙の上とは言え多少なりとも巻線に近くなり、また少しでも熱をよく拾うためにブラス板を付けました。
ブラス板とフューズは接触していますから、接着剤の熱伝導率はあまり問題にならないでしょう。黒い結束材は接触をよくするためです。
3. Posted by 廣瀬   2011年12月07日 02:34
温度ヒューズの熱抵抗を低下させるのに「HEAT SINKER(商品名かも)」と呼ばれるような、グリス状のシリコンオイルを塗布して、熱伝導率を良くします。一般には、パソコンパーツ店で、CPUの放熱フィン取付用として販売されているのが、一番入手しやすいのでは無いかと思います。なお仕事で使う小型トランス(1KVA以下)では、グリスを塗って巻き線と一緒に巻き込んでしまいます。もちろん切れたら、補修出来ませんが、火災防止用なので、良いのです。

また、一般的な温度ヒューズは、過電流でも溶断します(仕様によりますが10Aが多い)大電流の回路では、注意が必要です。通常50〜60%の電流で使う必要が有ります。ホームセンターなどで補充パーツを購入される方は、ご参考に・・・

なお、外側に付ける場合は、巻き線よりかなり低い温度(70度程度)で遮断する必要な場合が有ります。その場合はNEC/TOKINのサーマルリードスイッチで開閉器を介して遮断しました。今回のが該当するかどうか分かりません。
4. Posted by dda40x   2011年12月07日 08:59
仰る通りなのですが、このトランスと同等のもの(自分で二次線を巻いたもの)に20Aを使用率50%でかなり長い間(定常状態になるまで)通電し、温度上昇を調べました。
その時の気温25℃で、コイルの温度は72℃でした(熱電対プローブによる接触測定)。
結論としては「焼けることはない。」のですが、人様に渡すものですから、安全率を数倍に取っています。
私の普段の工作での使用率は多くても20%以下です。プロでもなければ、この20%を超える事はなさそうです。
それから、制限電流値は 3 Ampですから、たぶん管フューズが先に切れるはずです。
正直なところ、この温度フューズは御守りみたいなものです。これが切れるような使い方をする方はないと思いますが、何かの間違いで短絡させて放置、ということがあるといけないと思ったのです。私の個人用のものには付けていません。
5. Posted by 廣瀬   2011年12月07日 19:59
dda40x さん
平衡温度は室温+47℃との事、トランス巻き線のレア-ショートでも起こらない限り温度ヒューズのお世話になることは無さそうですね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ