2011年10月06日

続 Powder River へ 

2363 「鉄道写真を撮りたいのだけど、どの辺がよいだろうか。」と聞くと、「それなら Bill に行くと良いわね。州道59号沿いで、そこには巨大なヤードがあるわよ。列車が5本くらい並んで順番を待っているわ。」と言う。
 炭鉱より面白そうだと、まずそこに行くことにした。
 単調な道を走るとBillに到着する。そこはDinerが一軒道路沿いにあるだけの町である。腹が減ったのでまずそこで腹ごしらえすることにした。
 ダイナとは軽食堂で、もともとは鉄道の廃車になった食堂車を道路わきに置いたものであった。それが軽食堂として適したビジネス形態であったので、今度はそのような形をした食堂を建設するようになった。たいていは食堂車の風情を残すような建て方で、長い建物であるが、床面積の大きなものもある。

23722374 食事をしているとウェイトレスのおばちゃんが、「どこから来たのか?」と聞く。「日本からです。」と言うと、さらに「ワイオミングで何か見ることがあるかしら。」と聞く。
「実は汽車を見に来ました。このあたりの鉄道は日本でも有名なのです。」と言うと、「そうそう、この間スイスの人が汽車を見に来たのよ。何でそんなに有名なの?」
「こんなにたくさんの列車が走る路線は珍しいのですよ。一列車1万トン以上もある列車が一日に100本以上通るところなんて、世界中でおそらくここだけです。」
「そうなの。道理でカメラを持った連中がたくさん居るのね。気が付かなかったけど、汽車の写真を撮るために来てるのね。」
「ところでこの辺で汽車の写真を撮るとしたらどの辺が面白そうかな?」
「そこのLogan Hillはいいわよ。私は素人だけど眺めがいいから好き。それともう少し南の方に跨線橋があるから、そこから撮ってみたら。」 

2398 この食堂で情報を仕入れて、あちこちでロケハンした。Logan Hillは道路が複々線の上を跨いでいる。列車はいくらでも来るから、少々うんざりする。南に下って跨線橋で待つと同時に3列車来て面食らった。そのうちの1本はヤードに入った。くねくねと曲がって行く様はなかなか面白い。

 筆者が写真を撮っていると、望遠レンズを持った男が車を停め、何枚か撮ってウインクして去った。 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ