2011年06月29日

続々 Hill氏のコレクション

1081 これはターンテイブルを裏返したものである。片方で4つの車輪がイコライズする。実物通りの懸架装置である。たくさんのレイアウトを見たが、このあたりの工作はどこでもかなり凝っていると感じる。


1085 ヒル氏がコントロール・ボード前に立っている。下に配線が見えるがかなり大変である。保守用の照明まである。これがDCCなら配線は2本しか要らない。改造する気は全くないらしい。


1087 Hiawathaの流線形機がコーナーを回って姿を見せた。これはJerry White氏の作品だそうだ。もう60年も前の製造である。この種のカスタム機をたくさん作った。ほとんど2,3両ずつの製造だそうだ。ホワイト氏はLobaugh氏と非常に親しい間柄で、色々なパーツの提供を受けていたようだ。

1073107210741071




 順次コレクションを拝見した。
 最初はペンシルヴェイニア鉄道の特急である。2番目はAlton Limetedである。シカゴからセントルイス、カンザスシティをつなぐ路線で、1930年代に他社に身売りした会社だ。この列車の赤い色は素晴らしい。3番目はノーザン・パシフィックである。淡緑色はこの会社の基調色である。最後はノーフォーク アンド ウェスタンの蒸気時代の特急である。渋い赤で素晴らしい。

 次から次へと素晴らしいコレクションを見せて戴いたので時間が経つのを忘れた。深夜にGPSを頼りにホテルに着いた。
 

 


コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ