2011年05月20日

閑話休題 新しいカッタ

折るセラS折るセラS2  実物の鉄道の話が続いた。この間ホームセンタに行ったところ見かけない刃物が置いてあった。曰く、一般カッターの50倍も切れ味が持続するというセラミックナイフを売っていたのだ。商品名は「折るセラS」、あるいは”OLCERA S”である。購入価格は980円であった。

 試しに買ってみた。確かに良く切れるがそれが大きな差を生むような場面には遭遇しなかった。筆者は紙工作はしないので窓抜きなどに使ってその差を実感するということもなかった。

 先日アメリカに行った際、スポンジで作られた車体点検用の台を購入した。友人がそれを必要としているのでそれは譲り、自分の分をなんとか調達しなければならなかった。もちろん買えばよいのだが、体積は大きく、しかも重量など無きが如きもので、そんなものを送らせると箱代とその送料がかなり掛かる。行ったときに買えばよいが、どこでもすぐに手に入るとは限らない。作るにしても、ほどほどの硬さのスポンジが手に入るとは限らないので困っていた。

DSC_1485 偶然、見つかったスポンジが手触りも良いのでこれで作ろうということになった。たくさん買い溜めしてあったオルファ・カッタの刃を取り替えて切り込んでみたが、スポンジというものは本当に切りにくいものだ。四苦八苦しているうちに、この「折るセラS」を思い出して使ってみた。
 素晴らしい切れ味である。サクサクと切れてあっという間に出来上がった。

 定性的な感想だが、鋼製の刃は刃先に目に見えないささくれがあるように感じる。微妙にひっかかるのである。
これはカミソリも同じである。ところがこのセラミック刃はひっかかリを感じない。スッ、スッと切れる。
 ゴムも切ってみた。ゴムほど切りにくいものはないが、これはよく切れる。摩擦が少ないからであろう。

 面白くなって、カレンダの紙を切ってみた。この種の艶のある紙は繊維の隙間に Filler という鉱物の粉末が充填(じゅうてん)してある。フィラは紙の繊維よりはるかに硬いので刃が傷みやすい。延べ数十メートル切ってみたが、切れ味は衰えない。素晴らしい!。
 同時に鋼刃物も並べて使ってみたが、約3メートルで切れ味が劣るようになった。今まで折りながら使ってきたのだが、この刃物は折る必要がほとんどなくなったと言える。
 大型の方にはダイヤモンドの研ぎ器が付属しているから、それを使えば半永久的に使えるかもしれない。

 科学技術の進歩はこのようなところにもある。


[後記] 閑話休題の意味であるが、「話を元に戻して」という意味である。 このブログは鉄道模型工作を中心に進めてきた。「最近は実物の話ばかりでつまらない」というお話をよく伺う。たまには工作ネタを入れようということになって、「本筋に戻す」の意味で使ったのである。複数の方からこの使い方はおかしいのではないかという問い合わせがあったが、そのような経緯があったのである。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 初瀬春日   2011年05月20日 08:47
確かに普通のカッターは切れ味が落ちるのが早いと
感じるときがあります。
私もほとんど紙細工はしませんが、
小細工するのによくプラ板を切ってます。
刃先が丸くなるより先に欠けてしまうことも多いです。
このカッターは「欠け」はどうなんでしょう。
一度自分で購入して試してみたい工具であります。

2. Posted by dda40x   2011年05月20日 09:08
 欠けは使い方の問題が多いと思います。刃物は切るためでこじるためではないからです。

 この刃は靭性が素晴らしくそう簡単には欠けませんが、そのような使い方は避けるべきでしょう。
3. Posted by BLW5051   2011年06月04日 11:38
ブログは拝見しておりますが、初めて書き込みさせていただきます。

以前セラミックの刃物を業務上で使用しておりました。炭酸カルシウムのFillerを50%程度混ぜた厚さ30ミクロン程の樹脂フィルムを、このセラミックの刃物で連続裁断します。1日に300勸幣紊鮴擇蠅泙垢一般の刃物ではとても持ちません。セラミック刃の欠点は(業務で使用していたものは)剛性が劣ることで、割れやすかったです。こじるような使用はしませんが、フィルムが走る際にいろいろな応力がかかるためと思われます。

汎用カッターとして販売されているのは知りませんでした。スポンジなど刃の「腹」で切るものには最適かと思われます。ペーパー工作では普通の刃物以上に刃先の欠けに注意が必要かと存じます。

なお業務用セラミック刃は、割れて商品に混入した時に金属探知機で検出できないことが最大の欠点でした。現在は代わりに超硬刃という炭化タングステンにコバルトを焼結させた刃物を使用しています。超硬刃で検索するといろいろ工具が出てきますが、この辺になるとdda40x様のご専門かと存じます。
4. Posted by dda40x   2011年06月04日 23:26
BLW5051様
コメントありがとうございます。これでゴミ袋か何かをお切りになったのですね。
欠けについては興味深いことをお知らせくださいまして、ありがとうございます。確かに検知するのは困難ですね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ