2011年04月24日

高速ボール盤

Cameron Deep Throat このような模型ショウの会場には、たいてい工具屋さんが店を出している。

 筆者の興味を引いたのはこのボール盤である。Deep Throatと言う名前だ。文字通り懐が深く(20 cm)、大きな板に穴を開けることができる。回転数は9500,17,000,30,000 RPMとなっているが、速度調整器を付ければ低回転も可能である。チャックのつかみ能力は0.002インチから5/32インチ( 0.05 mm から 4mm まで)である。ただし、注文時に他のサイズを頼めばそれを付けて出荷する。チャックはアメリカ製のJacob、ドイツ製のAlbrecht, 日本製のYukiwa から選べる。後二者はキィレス・チャックである。
「ユキワがいいけど高いね。」とのことである。

 この時代には珍しいアメリカ製で、カリフォルニア州Sonomaで作っている。その会社の社長が売りに来たのだ。質量は36ポンド( 16 kg 強)だから持って帰れる範囲にあった。

 筆者が今使っているボール盤は細かい作業には向かないのでいずれ購入することになるだろうと思う。同時に何台か買えば価格の交渉の余地が生まれる。どなたかご希望の方はお知らせ願いたい。

 オプションとしてXYテーブル等もあるが、インチ目盛である。「それをメトリックにしてくれたら欲しい人が何人か居る。」と言うと、「考えてみる。」とのことであった。要は数である。

 価格はチャックにもよるが1000ドル近辺で、速度調整器が110ドル、チャック抜きのくさびが10ドルである。XYテーブルは390ドルである。これらの価格は、2009年の資料に基づく。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ