2011年04月18日

O Scale West 2011

縮小IMG_3765縮小IMG_3767 例年通り、Hyatt Regency Santa Clara で行われた。毎年同じ場所にブースを買っているので、友人が「だれがどこにいるかが、わかりやすくて良い。」と言う。隣も毎年同じ顔触れで、家族の話をしたりして、和やかな雰囲気だ。

縮小IMG_3768縮小IMG_3769 しかし、何人かは欠けている。聞くと体調が悪くて来られないと言う。ここしばらく、筆者の個人的な感想としては、高齢化が進んでいる。若い人の参入者より高齢者の欠席によって、全体の平均年齢が上がっているように感じる。

 売っているものも、名前を知っている人のコレクションが多い。まとめて10000ドルと言う売り方もある。図書もたくさん出ていた。
 おそらく来年もこの調子であろう。読者の中で、O Scaleに参入したい方は今がチャンスである。ある程度の現金を用意して行けば、かなりお買い得であろう。スーツケースはたくさん用意しなければならないだろう。

 筆者はもうすでにコレクションは終了しているので、ほとんど買うものはない。レイアウトを仕上げるための材料、ストラクチュアなどを購入した。ある航空会社の優待会員になっているので、スーツケースは3個持てる。しかも一つ当たり32kgであるから、かなり持ち帰れる。今回は友人たちのための工具類を25kgほど買って、あとはE-bayで落として友人に預かってもらっていた古いキットなどを受け取ってきた。昔のキットは重いものが多く、航空便で送ると送料がかさむ。アメリカの国内なら安く配達されるので、この方法をとっている。
 もちろん、友人には迷惑をかけるので、多めにお土産を持っていく。彼も、中身を見たがるので、受け取ったら梱包を開けてもらう。

 中を見て、すぐに注文したりしているので、これはこれでお互いにメリットがあるようだ。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ