2011年04月12日

Yuba City の模型屋

縮小IMG_3712縮小IMG_3691縮小IMG_3692 Feather River Route を下ってサクラメント方面に出た。サンフランシスコに向かう途中でユバ・シティに寄った。所用で模型屋に寄るためだ。「西海岸では最大のAtlasのDealerである」と言っていたので、どの程度のものか興味があった。二線式の O scale は少ないが三線式の O gauge の在庫は多いということであった。

 このO scale と O gauge との言葉の使い分けは微妙である。もちろん二線式も O gauge であるが、O scale はより小さい集合を指すということになる。この使い分けをする人はある程度の歳(60歳以上)である。若い人は、どちらかというと、Scale と Tin Plate、あるいは Hi―rail と言う。また、直接にメーカの名前であるLionel, MTH, Atlasと言う人が多い。

 さてこの店は The Western Depot という。オーナは元アメリカ空軍の将校である。朝鮮戦争の頃日本に居たという。
 今はほとんど引退して息子夫婦に任せているが、たまたま店に居た。話をしていると打ち解けて、社長室に引っ張り込まれた。たくさんの空軍関係の資料と模型があり、面白い話も聞かせてくれた。

縮小IMG_3704縮小IMG_3703縮小IMG_3702 店の広さはかなり大きく20m四方(120坪)くらいであるが、倉庫を見せようと中に入って驚いた。どう考えても200坪はある。その中にライオネル、MTH、Atlas がぎっしりだ。天井まで積んである。正直なところ、これだけの在庫を持つのは危険ではないかと思うほど多量にあった。
縮小IMG_3696縮小IMG_3698縮小IMG_3693 在庫管理は完璧で、目的のものがそこにあることは分かっていた。すぐに奥から探し出してくれ、見る事が出来た。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ