2011年04月10日

続々々々々 またまたFeather River Route

縮小IMG_3623縮小IMG_3619縮小IMG_3620 Portolaの町の機関区跡の鉄道博物館では機関車の運転もさせてくれる。周回線路が敷いてあって、100ドルほどの金を払うと許可される。機関車は何種類もある。

縮小IMG_3616 そこで保存されている車輌には特に珍しいものはないが、未知の場所であって、中に入りたかった。金網の破れ目から入ることもできそうだと思ったが、すでに警察にチェックされているので、ここは大人しく引き下がった。無理をすると留置場で一晩泊め置かれて、即決裁判でいくばくかの罰金を科せられることになるだろう。UPのDDA40Xがちらりと見えたので、やはりここにあると確認できた。

 夏にまた来たいと思う。

縮小IMG_3626縮小IMG_3627 このあたりをGoogle Earthで探索していたときに、面白い地名を見つけた。Iron Horseというところである。調べるとCaboose Drive とか Boxcar Lane、Round House Road, Semaphore Road などと鉄道用語のオンパレードである。

 なにか面白いことでもあるかと思い、わざわざ足を伸ばした。行ってみれば何のこともない草ぼうぼうの荒れ地で、別荘地として地元の不動産屋が売り出しているだけのことであった。

 中を一巡りしたが、汽車が好きな人が住んでいるような気配は全くない。
 


トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by northerns484   2011年04月10日 10:41
> このあたりをGoogle Earthで探索していたときに、面白い地名を見つけた。
どういうシステムでそういうことができるのかはよくわかっていないのですが、アメリカでは、通りの名前がかなり柔軟につけられるのが面白いと思います。
件のGoogleは、本社の前の通りをGoogle Driveという名前にしていますし、Apple本社の前の道は、Infinete Loopという、コンピュータ関係の人はニヤッとするようなネーミングとなっています。

> ... Semaphore Road などと鉄道用語のオンパレードである。
以前、NYCのファンの方とメールをやり取りしたことがあるのですが、その方の住所の通りの名前が、「Thoroughbred Street」だかなんだかで、これはまたNYCにぴったりの名前のところにお住まいだ、と大変に驚いたことがあります。
2. Posted by dda40x   2011年04月14日 08:53
 面白い情報をありがとうございます。

 何もないところに通りを作るのですから、名前をかなり自由に付けられるだろうと推測します。

 Thoroughbred Street は、探せばありそうな名前ですね。
3. Posted by とやま   2011年04月22日 10:08
ペンシルベニア州ピッツバーグの東方に、かつてウエスティングハウスブレーキカンパニー(通称WABCO、現在はWabtec)のある町にAirbrake Avenueがあります。

そこから2マイルほど西へ戻ると、かつてウエスチングハウスエレクトリックの主工場があったところ(現在は複数の会社の工場団地)の前にはElectric Avenueがあります。

最初は冗談か通称だと思いましたが、地図も現地の標識もその通りでした。
4. Posted by dda40x   2011年04月22日 11:35
面白い情報をお知らせくださり、ありがとうございます。
さっそく確認しました。 二つは隣り合っていますね。
Airbrake Grill と言うレストランに行ってみたいです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ