2011年04月06日

続々々 またまたFeather River Route

縮小IMG_3661縮小IMG_3663 後部補機は1輌であった。緩勾配であるからこれで十分なのであろう。トンネルポータルの断面は十分大きく、ダブルスタックのコンテナ列車が通過できる。
 トンネルの向こうには州道70号線が見える。
 Google EarthのStreet View表示でも、このトンネルポータルは一瞬見える。この新しい道ができる前の旧道時代の未舗装道路は、勾配は極端に急で、天気が悪ければ通るには苦労したであろうと思う。
 今回は冬でクマに出会う可能性は少なかったが、夏は注意された方がよい。

縮小IMG_3667 次はKeddieのWyeである。先ほどの列車にまた追いついて先回りしようと思ったが、下り列車はずいぶん速く、なかなか難しい。
 UPのほうは列車密度が高く、1時間に2本は通る。旧GN線方面はあまり通らぬようだ。
 この鉄橋の下にはリゾート地になっていたらしく、たくさんのコテージがある。現在は廃屋になっているものが多い。鉄道ファンにはたまらない場所である。これを再開発すれば面白いと考えたが、それほど甘いものではなさそうだ。

縮小IMG_3686縮小IMG_3685縮小IMG_3689 そのあとは線路に沿って下り、いくつかの鉄橋を見た。待ち構えて何枚か写真を撮った。大きなスパンの立派なトラス橋がいくつかある。これが明治時代の終わり頃に完成したのだから、その技術力は素晴らしい。

 

 
  
 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ