2011年03月31日

またまた Feather River Route

Clio Trestle 先回場所がよくわからなくて行けなかった Clio の Trestle(鉄橋) を見るのが目的のひとつであった。また、前回ループを見る場所がないと思ったが、いくつかの衛星写真を見ると、なんとか行けそうな気がした。

 いつも出かける前に準備はあまりしない。行けば現地で情報は集まるし、インターネットさえつながればより的確な情報も集まる。しかもGPS(カーナビ)があるので、余計に準備をさぼりがちであった。
 しかし前回の収穫はあまりにも少なく、残念であった。

 今回は毎日衛星写真と地図を見比べ、どの方向から入れるかを念入りに多角的に調べた。ある古い地図には旧国道がループ横の線路を踏切で渡るように出ていた。この道を行けば線路に出られるはずだと確信した。

 というわけで、いつになく周到に調べたうえで出かけた。それでもClio の鉄橋はどこにあるのかわかりにくい。横の国道からは標高差があり、100mほど下なので見通しは利かない。
 国道わきのリゾート地(別荘地)に入り込み、GPSでは後 100 m位のところまでたどり着いたが、雪のためその先には進めなかった。

 1時間ほど探したが線路に近づく道は見つからず、GPSでその下の州道を探して出た。その道からは見上げるはずなのにやはり山の中でわからない。
 散々探して先の国道に出るための道を登りかけたら、はるかかなたにそのトレッスルの雄大な姿が見えた。目を凝らせば、その向こう側に別荘地の屋根も見える。

 GPS を細かく見るとClioの集落を東に横切り、さらに北上するとそこに行けそうだ。
 現在地を中心に、Trestleの見える方向で線路の位置を調べ、その地点を打ち込み、そこに行く方法を探させた。直線距離では1マイルほどであったが、道路は8マイルもあった。これでは見付からないわけだ。今回はGPSの機能を最大限に利用した。  

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ