2011年03月02日

Jakl家を訪ねて

Jakl's Layout ちょっとした用事があって、Jakl氏を訪ねた。ヨセミテ渓谷に近い山の中に住んでいて、住所だけで尋ね当てるのはかなり難しい。GPSあればこそである。
 しばらく前にも訪問していて、それからいろいろなところが進歩していた。Joiner氏のレイアウトから外した背の高いビルディングは隙間なく取り付けてあった。

 今回は、レイアウトの公開日ではなく、筆者の個人的な用事で寄ったので、ゆっくりと話ができた。

From Cab Jakl氏は航空会社の整備の仕事をしていた。奥さんのエリザベスは鉄道会社に勤務していたそうだ。このレイアウトでの運転掛は奥さんである。夫唱婦随の典型的な例でうらやましい限りだ。3人の息子さんたちはこのレイアウトの維持に多大な協力を惜しまない。家族ぐるみで取り組んでいるのである。

From Cab 2 レイアウト全体がほぼ完成の域に近づいているので、新たな工事はしていないようだ。テキサスから運んできたストラクチュアは、この新天地にしっくりと溶けあっていて、最初からそこにあったようである。車輌は全部で500輌程あるそうだ。どれも多少は手が入っていて、ただ買っただけというものはない。このあたりの手の入れ方が筆者との類似点である。Low-D車輪をいくつかサンプルとして差し上げた。

 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ