2011年02月08日

続々 Centering Indicator

窓抜きジグ これは、客車の側板を切り抜くためのジグである。10mm厚のジュラルミン板を、側板の厚みマイナス0.1mm沈めてある。0.1mm分飛び出しているので、8箇所のネジを締めると押さえが働き、側板が動かなくなる。

窓抜きジグ裏面 このジグは近所の Y製作所にお願いしてタダで作って貰った。Y氏にはお礼をしなければならないのだが、その後現れなくなったので、その機会を逸している。

 電話で概要を伝えただけで、思ったものが出来てきたので驚いた。さすがにその道のプロは違うと思った。四隅を8mmのキャップボルトで 、テーブル上のスロットに締め付ける。そのときキャップボルトは沈め穴に入って頭は出ないから、側板はその上に載る。

 この種の沈め穴(座繰穴)のことを英語でCounterboreという。しばらく前にこの種のドリルをボールベアリング装着用に作ったのだが、それをCounterbore bit という。
 
 8個の締め具は、2.6mmのブラス板である。適度の硬さで傷がつきにくい。この板は、しばらく前のレーザカットの残材を捨てずにとっておいたものを、フライス加工したものである。
 このジグが無ければ客車の窓抜きは難しい。

 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ