2011年02月06日

続 Centering Indicator

 プローブ(探針)には外径用、内径用などがあるが、筆者が一番良く使うだろうと思われるものは、真直ぐの尖端が円錐形をした物である。
 それは丸穴に差し込んで位置を決めたり、卦書いた材料のセンタ・ポンチ穴に当てて位置を出す。DROと組み合わせるとそこから任意の位置まで切り込むことが出来る。

Window Cut-Out by Centering Indicator 実は筆者は今、軽量客車の量産準備をしている。窓をたくさん抜くときに、角の丸みに一致する径のエンドミルで切り抜く。


recessed window sash この装置を用いると、各窓のどこかの隅の座標さえ指定しておけば、どんな窓でもDROだけを見ていれば抜けることになる。窓の外の段つき部分を表現するのも、やや大きなエンドミルがあれば簡単にできる。

 それほど多くない窓を抜くにはプレス型を作るより簡単である。しかし段つき窓を作るのは三次元DROがないと大変であろう。

 この装置の応用にはいろいろな可能性があり、その例を模索している。


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ