2010年12月20日

続々 慣性を考える

Duplicating some equalizersDuplicating an equalizing lever   丸い穴にはボールベアリングが嵌まる。その外周の丸みは、中心の穴にはまる軸を固定しておいて、刃物を高速回転させて工作物を廻して削る。簡単である。
 これを見て「危ない」と仰った方があったが、決して危なくはない。
 ただし、回転方向を間違えると喰い込んで致命的な失敗になるから、刃が喰い込まない方向に回転させ、さらに回転限界を決めておく。絶対に逆回転してはいけない。この写真の状態では、工作物は上から見て時計回りに廻す。小さなVise Pliers(固定できるプライヤ)で軽くはさみ、くるりと回転すると出来上がりである。

 このブラスは快削材ではないので、喰込みにくいラフィングエンドミルという刃物を使用している。さらにその刃先を殺して使う。要するに刃先角を大きくするのだ。これは近所の工場で教えてもらった。ダイヤモンド砥石で、そっとひとなでするだけで安全に使える。
 削った部品を外して、油目ヤスリで滑らかにして出来上がりである。
 最近は板材を含めて、材料を全て快削材で揃えている。レーザ・カットの工場はそんなことに無頓着で、普通のブラスを注文してしまったのである。使い切るまでは、しばらく我慢せねばならない。

Equalizer layout これを作っているのだ。このようなイコライザは全く見えないところで機能するので、寸法と穴の仕上げだけを丁寧にしてある。外見はどうでも良いのだ。


 さて構成をご覧戴きたい。図面でないので少々分かりにくいかもしれない。もっとも大きなイコライザにはピンが差してあり、それが折れるようになっている。黒い線は引きバネで引っ張る部分である。赤の矢印は荷重が掛かる点である。

 さて、軸重の配分はどうなっているだろうか。また、機種および目的は何であろうか。
 唐突な質問であるがメカニズムの設計についての久しぶりのクイズである。コメント欄を通じてお答え戴きたい。

 2.6 mm厚を中心にして、外側は 1 mmの板二枚で挟んでいる。仮組みすると、くねくねとよく曲がるが左右にはぶれない。

コメント一覧

1. Posted by 米国蒸気ファン   2010年12月20日 22:58
5軸が等間隔に並ぶとすると、2-10-2、2-10-4ですがこれらの5軸のイコライザーは前と後ろで別れています。4-10-2は軸距離が違います。
中心の軸の軸重が少ないですね。ということは蒸気の台枠ではないということです。
テンダー台車には5軸のものがあってイコライザーはつながっています。
ディーゼルにはないですから、これはやはりセンチピード型テンダー用台車ではないかと推察します。 
軸重が違うのはなぜでしょうね。
2. Posted by 愛読者   2010年12月21日 08:56
2006年2月6日の記事に答が書いてありました。
軸重が違うのは、その軸は動力が伝わらない(取り出せない)のではないでしょうか。
3. Posted by dda40x   2010年12月21日 23:26
いくつかお答えを戴きましたが、全て正答でした。
ありがとうございました。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ