2010年10月29日

続々 Feather River Route を走る

Steel Trestles in Feather River Route Keddie の wye に近づくと山々は険しくなり、線路が谷を縫うように走る。余部の鉄橋に勝るとも劣らぬほどの大きさの橋がいくつも連なる。どの橋も曲線を通しているが、桁は直線であることは言うまでもない


 この辺りの橋は、余部の鉄橋とほとんど同時期に作られた。設計手法も類似しているから、製造所もほとんど同じであろうと思われる。山中の塩分の飛んで来ないところであるから、全くと言ってよいほど錆びていない。無塗装でも十分持つのではないかと思う。

Keddie wyeKeddie wye side view しばらく行くとちょっとした峠があって、線路はそれをトンネルでくぐる。出たところが、かの有名なケディーの二股になった鉄橋である。


 当初はこの写真で言うと右向きの線路だけがあった。その後左向きの線を敷くとGreat Northernへの連絡線になるので、その鉄橋を作った。さらにこの写真の向う側の山の中にトンネルを掘って、デルタ線にしてしまった。しかし、トンネル線は、長大列車が通っているかどうかは疑わしい。どちらかと言えば非常用の線のような気がする。このトンネルを通る列車の写真・動画は少ない。

Toyota Camry HybridToyota Camry HybridCamry Hybrid engine




 この辺りの道路は起伏が激しく、ガソリンの消費が多いと思ったのだが、今回借りたレンタカーはカムリ・ハイブリッドであった。下り坂で回生制動して蓄えた電力で次の上り坂のエネルギを賄うので、極端に燃費が良かった。シアトルからLAX空港までの2600kmを1回の給油で走り通した。
 帰国後欲しくなってクルマ屋に聞いてみたところ、国内販売はしていないという。
 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by YUUNO   2010年10月30日 00:31
こんにちは。
カムリとよく似たハイブリッド・システムを搭載したトヨタ車が、日本ではSAIという名前で発売されているようです。
永らく回生ブレーキを鉄道が独占していましたが、自動車もずいぶんと進歩したものです。
2. Posted by dda40x   2010年11月02日 21:02
お勧めのSAIを見てきました。形と、トランクが狭いのが気に入りません。ステーションワゴンが出ないかと期待します。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ