2010年09月23日

続 Lorell Joiner 氏のレイアウトを壊す

 以前にもトンネルの話を書いたが、入口のみならず全長に亘って内部を作った人は稀であろう。
 昔のトンネルは、ほとんどが直線であったから、たとえ内部で脱線してもそれほど問題ではない。むしろ、脱線するような列車を走らせるのが間違いであるということである。

 先日栗生氏の掲示板でFresnoのOゲージレイアウトの車上からの眺めをYou-Tubeにupしてあるのをご紹介戴いた。それを見ると、トンネルの内部は入り口だけが作ってあり、それより内部はがらんどうであるのが分かる。
 それを正直にupしてあるので興冷めである。ここは、編集して真っ暗にしてしまうとか、あるいは片方だけ作っておいてそちらを写すなどの工夫が必要であろう。

IMG_2302IMG_2301 この調子でレイアウトを完全に取り壊した。屈強なデニスも少々バテ気味である。右の人はJakl氏である。遠いカリフォルニアからやって来て、大きなトレーラを借りて帰ったそうである。残骸はこのコンテナに4杯あったそうだ。

IMG_2300IMG_2309 奥方達も手伝いに来ている。ジェイクル氏の奥さんのエリザベスは埃のせいで体調を崩し、デニスの家で奥さんのキャシィの世話になって休んでいた。
 
 それを聞いて、筆者が "Model railroading is fatal.(鉄道模型は致死的である)"と言うと、”It really is!(本当にそうだ。)”と大笑いした。
IMG_2314IMG_2303IMG_2317 壊す前と外した建物群である。この扇形庫は本当に素晴らしい作りだ。内部がこれでもかと言わんばかりに作り込んである。普通の人には、到底到達できないレベルの作品である。
 台枠はご覧の通り、2x6材で組んである。普通は1x4で組むものである。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ワークスK   2010年09月25日 00:06
Great Southern とレタリングされたツイン・ホッパーをネット・オークションで入手していましたので、当方のOゲージ・コレクションにアップしました。驚いたことに、重さがNMRA推奨値の2倍以上もあります。
2. Posted by 鹿ヶ谷   2010年09月25日 08:05
こんにちは
いつも更新を楽しみにしているのですが、この二週間ほど写真が全く見られませんでした。ライブドアのサーバーに何かの問題があったみたいですね。他のライブドアブログでも写真が消えてました。
でも、昨日からは正常に見られるようになりました。
3. Posted by dda40x   2010年09月25日 13:52
ワークスK様 掲載が遅れて申し訳ありませんでした。Livedoorの方で、何らかのトラブルが在ったようです。

>重さがNMRA推奨値の2倍以上もあります。
 
彼は、走らせた時の音を良くするということに精魂を傾けていました。その貨車もきっといい音がすると思います。軸に油を注さないと擦り切れてしまいますね。
4. Posted by dda40x   2010年09月25日 13:54
鹿ケ谷様

 ご迷惑をおかけしています。最近不調で、ワークスK様のコメントも二日も引掛かってしまい、掲載が遅れました。
 今日も一部の画像が見られなかったそうです。更新ボタンを押して戴くと改善されることがあるそうです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ