2010年09月19日

続 Dennis のレイアウト

IMG_2240IMG_2238IMG_2239 これらのストラクチュアはデニスの作品ではない。Lorell Joiner氏のレイアウトから貰ってきたものだ。

 ジョイナー氏は死の数か月前、デニス達を呼んで、レイアウトを壊すように頼んだ。それは素晴らしいレイアウトであった。たくさんのストラクチュアが重なり合い、何とも言えない実感を醸し出していた。全ての建物は電灯が点灯し、視点を下げて見ると、そこには本物の世界が再現された。

 しかし家庭の不和、病気がその素晴らしいレイアウトを壊させたのだ。何を持って帰っても良いと言われたそうだが、実際にはほとんどのストラクチュアははがし取るのが困難であったそうだ。ほんの1割程度が完全な形で外された。これらはその一部である。

 よく見ると、一つずつの建物はそれほど精密に作られているわけではない。しかしそれらが重なり合うと、あの素晴らしい景観が出来るのである。
 ジョイナ氏は天才である。これはデニスと意見が一致している。他所でよく見るのは一点豪華主義である。レイアウトはそれでは駄目なのである。ほどほどの細かさのものがたくさんあることが必要である。その匙加減がジョイナ氏の場合、特別に優れている。

 先回の答は次回発表させて戴く。

 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ