2010年09月15日

続々 Mike Wilson 氏を訪ねて

 Mikeはこのレイアウトを作るにあたって、どの都市をプロトタイプにしたかは不明である。決めていないと言っている。
 その理由はいくつかある。好きな機関車を走らせるためのレイアウトであるから、特定の場所に決めると無理が生じる。
IMG_2223IMG_2216IMG_2209




 UPの9000(4-12-2)やPennsyのGG-1、N&WのClass Jなどが一堂に会するわけだから仕方ない面もある。

 しかしこのどちらのMikeも熱心である。毎日決まった時間、レイアウト建設に邁進する。休むことなく続けられているので、必ず進む。
 口先だけではなく、目に見える努力を毎日続けるのであるから、大したものである。しかもその手順が理論的で的確である。
 この二人のレイアウトの進度は大体同程度である。だからこそ手を取り合って、競争しながらも助け合っている。

IMG_2224 この写真を見ると、屋根を外して二階を増築した様子がよくわかる。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ