2010年08月16日

Mike Hill氏を訪ねて  その6

Mike's collectionMike's Colleciton ハドソンのみならずノーザンのコレクションも素晴らしい。その中でナイアガラは各種をお持ちであった。



C&NW Class H これはCN&W の Class H である。もちろんカスタム・ビルトである。 非常に繊細な模型であった。ここで祖父江氏の話題が出て、彼のH−1は素晴らしいとのことであった。

B&O George H.Emerson これは B&Oのデュプレックスである。4-8-4とは言い難いが立派な気品のある機関車である。
シリンダを後ろに付けたのは失敗であった。火室の真下だから、灰で汚れて整備が大半だったらしい。それはPRRのQ-1も同じことである。この二つの会社が競争して実用化した。どちらも同じ欠点を持ち、短命であった。この機関車は高圧ボイラを持ち、B&Oの技師長だったかの名前を付けられ、期待されて生まれたのであったが、実際のところは比較的短期間のうちにひっそりと姿を消した。
 動輪が4つあるものが2系統に分けられると、スリップも起こり易い。2,3軸間の連結棒の質量くらい大したこともないのに、それを付けなかったのは不思議だ。考えてみればB&Oには4-8-4はない。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ