2010年08月14日

Mike Hill氏を訪ねて  その5

C&O HudsonATSF HudsonCentipede Tender ハドソンのコレクションの続きを見ていこう。
 黄色の塗装の方のC&Oハドソンである。これはパシフィックから作られた。蒸気機関車とは思えないカラリングを探っているうちに、この色を塗ってみたのだそうだ。子供の時、絵本で見て気になった機関車である。B&O博物館で現物を見て、本当に黄色いので感動した。
 ATSFの4-6-4は、古いMax-Grayの製品に加工してある。
 NYCハドソンのセンティピード・テンダのうち初期のタイプである。石炭の積載量が少ない。

NYC 4-6-6T's この2台の4-6-6T(タンク機関車)は古いTMSで紹介され、日本でも有名になった。二台の大きさが違う。右の方は17/64インチスケールである。どちらも特製品であるそうだ。



Rexall Train このRexallの機関車は以前から気になっていた。レクソールはドラッグストアのチェーンストアであったそうだ。その宣伝のために、NYCの列車を借り切り、全国を巡業したらしい。
 このようなことまで、Mike は細かく教えてくれた。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ