2010年06月23日

Max Gray のタンク車

MG 1-dome, 2-dome Tank Cars もしMax Gray(MG)が居なかったならば、模型界は大きく変わっていたであろう。マックス・グレイ氏は、日本人の安価かつ優れた工作力に目を付けた。
 それは祖父江氏の機関車の分野だけではない。貨車の分野にも大量生産が展開された。安達製作所のようにプレス加工に秀でた製造所を見つけ出し、今までにない精度の製品を作りだした。MGが1ロット何百輌という貨車を販売したので、それらを沢山買う人が現れた。コレクタではない。レイアウト上を走らせるためである。
 同一車種をたくさん並べた列車は、MG登場以降、MRによく現れるようになった。それまでに発売された貨車はThomasのようにキットであって、それらを全部組み立てて仕上げるのは結構面倒な仕事である。カスタムビルダに頼むにしても、大変な仕事である。
 MGであれば、金を払うだけで手に入る。一度に24輌ずつ買う人がかなり居たと聞いた。すなわち一編成がすぐ手に入るということである。

8000 Gal. Double Dome Tank-raised walk8000 Gal. Triple Dome Tank - Raised walk MGは多様なタンク車を売り出した。8000ガロンタイプだけでも、ドームが1つ、2つ、3つのものがある。10,000ガロンのケミカルタンク車も2種類ある。
 その他16,000ガロンのタンク車 、ウォークウェイが高くなっているものもある。これは珍しく、オークションではかなりの高値で取引されている。特に2ドームが少ない。
 ここにお見せするタンク車はジャンクより組んだのだが、真正な製品より細かくできていて、友人に見せると羨ましがられる。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ