2010年06月21日

続々 タンク車の増備

Intermountan Tank Car  Thomasの貨車はその手堅さで極めてよく売れた貨車キットであった。それから40年、さしたる製品のない時期が続いたが、突然現れたのがこのIntermountainのキットである。
 本物の図面を詳細にチェックし、図面通りに作ったのがこのキットの売りであった。ところがそれは作りにくく、壊れやすかった。
 以前にも書いたが、全てのリヴェットが円錐型をしている。こんな金型を作る人の気が知れない。左右2型ではなく、3等分した型で円錐リヴェットを表現している。しかし、細かすぎて普通のアメリカ人には組み立てられない。作っても触ると壊れる。今はAtlasブランドで中国製の完成品が出ている。壊れやすい部分を金属製にしてある。 

 このSHELLのシングル・ドーム 8000ガロンは自分で組んだのだが、壊れるのが嫌で、レイル上から外したことがなかった。手すりが細くて一体モールドである。ここを持てば必ず壊れそうである。

Intermountain Tank CarIntermountain Tank Car paint re-touched この銀色のタンク車は、その壊れたのを安く買った。捨て値で出ていたのを買って、2年くらい埃をかぶっていたが、今回タンク車を全部仕上げると決めたので引っ張り出した。
 ハンドレイルは全部とれていた。梯子もない。細かい部品は全部無くなっていたので新製した。

 ハンドレイルは、挽き物パーツをスーパーXで取り付けた。よく付くので助かる。梯子はブラス製。ブレーキ部品もブラス製である。完成後、細い筆でリタッチして銀色にした。

 これらの貨車は全てLow-D車輪に取り替えてあるので0.3%の坂を下り降りる。タンク車だけで50台以上あるので、単独の列車が編成できる。
 貨車の種類ごとに編成を組むと実際にありそうな列車になる。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ