2010年05月10日

Illinois Railway Museum その2

PRR GG1Little Joe この博物館には有名な機関車は大抵ある。GG-1とかLittle Joeもある。屋内にあるので劣化が少ない。

 Little Joeはロシアに行きそこなった機関車だ。Joeというのはスターリンのアメリカでの呼び名である。とにかく大きな機関車で、重そうである。

UP 2-8-0re-building UP 2-8-0 smoke boxrivetting hammer





 
 別棟に入ってリストア中のUP2-8-0を見学した。この人はトラックの運転手をしていて、ボランティアでここにきている。UP 2-8-0が大好きで、このリストアを任されていると言っていた。
 煙室下部が腐り落ちたので、リヴェットを打ち直して作り直している。リヴェットの向う側は熔接なのだが、この辺は少々怪しい。本来は当て板をしてリヴェットで留めるべきだろう。おそらくあまり圧力を上げないという前提であろう。緑の光は照明ランプである。どういうわけか緑色の水銀燈を点けていた。
a casting for  UP 2-8-0a wedge for UP 2-8-0 この大きな砲金の鋳物から削り出しているのは、ぺデスタルの楔である。こんなものを一つずつ作っているのであるから、大変な時間が掛かる。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ