2010年04月30日

CHI TOWN UNION STATION

CHI TOWN UNION STATIONCHI TOWN UNION STATION 2CHI TOWN UNION STATION 3





"CHI TOWN" とは、シカゴの別名である。シカゴにはいろいろな別名がある。Windy City という呼び名は有名である。風が強く、冬は体感温度がかなり下がる。Railroad Capitolというのもある。ほとんどの大鉄道がシカゴに集まっていたからだ。町のいたるところに大きなヤードがある。それを摸したレイアウトを作った人がいる。

 CHI TOWN(シャイ・タウン)と呼ぶのは、筆者も正直なところ、知らなかった。人によってはチャイ・タウンと発音するようだ。

 さてこのレイアウトは、おそらく世界一大きなレイアウトである。「ミシガン州に、廃業したスーパーマーケットを買い取って作ったレイアウトで200輌の貨物列車を運転している奴がいる。」と、カリフォルニアで聞いた。一度行ってみたいものだと思ったが、ウェブ上では見つけ出すことができなかった。

 ディックの奥さんのジュディが、訪問の次の日、わざわざ知らせてくれたので、予定を変更してデトロイトの北西40キロほどの町Commerceに向かった。
 確かにそれはスーパーマーケットの様であった。そこそこに広い駐車場もあった。

 入り口で入場料を4ドルほどを払って中に入ると、確かに広い。奥の壁に300という電光掲示板がある。それは現在走っている列車の長さを示しているのだ。(左の写真)
 入り口でお金を集めていた人が、オーナのPaul Gribbell氏であった。貨車を並べて車輪と連結器を取り替えている。
 「沢山牽くとプラスティックのカプラはちぎれるから、金属製のケィディに取り替える必要がある。普通の人は気が付かないがね。」と、 得意そうに言う。そんなことは当たり前のことで、当鉄道ではすべてのカプラを金属製に取り替えてある。
 車輪は、中国製の金属車輪であった。
「そんな車輪ではだめですよ。」とは、あえて言わなかった。聞くと機関車6両で300両牽くそうだ。筆者の車輪を付ければ、2台で牽けるだろうと思った。いずれ、Model Railroader に記事が出てから、話そうと思う。右の写真のホッパ車の上に紙が載っているのは10両ごとの目印である。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by YUNO   2010年04月30日 05:04
5 走行抵抗が小さくなると、こんどはきちんとしたブレーキシステムが必要になってくるのではないかと思うのですが、重量が大きく抵抗の小さな模型列車はどうやって下り勾配で減速し、駅で決められた位置に停止させるのでしょうか。
上り勾配で連結器が切れたときも大変なことになりそうです。
2. Posted by dda40x   2010年04月30日 07:27
起動停止するときに観察していましたが、この列車の走行抵抗はそれほど小さくありません。要するに既存のシステムです。ピヴォット軸受に注油もしていません。
重い機関車で無理やりに引っ張っていますから、止まる所に止められます。
しかも有鉄心モータをDCCでBEMFで制御していますから、自然に抑速されています。
そのことが念頭にあったので、あまり低抵抗車輪のことを宣伝しませんでした。

連結器は金属製で切れませんし、全ての貨車がプラスティック製の既製品ですから、カプラ高さはそろっています。

もし低抵抗車輪と押して動くギヤを採用すると、このような大きな高低差のあるレイアウトでは、ダイナミックブレーキと機械ブレ―キが必要になるでしょう。貨車にも何台かに一つ、ブレーキの効く車輌が必要になるでしょう。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ