2010年04月24日

Detroit Model Railroad Club

Detroit Model Railroad Club Detroit Model Railroad Club はアメリカでもっとも古い模型鉄道クラブの一つである。Walthersの創業者とも、Model Railroaderとも深い関係がある。

 1970年頃、Model Railroaderの記事を見て手紙を出した。Oゲージでこんなにも大きなクラブがあること自体が信じられないことであった。
 昔は市内にあったらしいが、80kmほど離れたHollyという町の劇場を買い取ってレイアウトを作った。そのお披露目の記事であった。

 ディック に大雨の中を連れて行ってもらった。劇場であるから、観客席はスロープを持つ。当時、舞台とオーケストラ・ピットは残っていた。とにかく巨大で驚いた。それから40年近く経った。

spectators シーナリィは多少変化したし、まだ変化するという。観客席を区切って子供たちから見えやすいようにした。今回訪問した日はちょうど公開日で、一人4ドル払って入った。この入場料と会員の会費で、クラブが存続している。
 キャンディを満載したホッパ・カーの編成をわざと子供の手の届くところに停車させ、取らせることもする。子供たちは大喜びである。 
 年少者が興味を持つようにするということは、将来の会員を増やす手だてである。

 日本にはこのようなクラブは存在しないようだ。法人格を持ち、長い年月存続させることを目的とするクラブが欲しい。昨今、田舎であれば不動産価格はかなり安い。不燃材で作られた建物を入手できれば、維持費は知れているはずだ。このクラブは発足時からレイアウトを持っていたようである。 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 佐々木精一   2010年04月29日 01:01
子供達にキャンディの気配り・心配りをするクラブなんて素敵ですね、、、。
後進を育てないと、気が付いた時には手遅れです。
日本の鉄道趣味界では、なかなか見る事の出来ない光景です。
2. Posted by dda40x   2010年04月29日 12:09
趣味は継承されなければならないので、アメリカでは間口を広く、階段のステップは細かく作られていると感じます。
ライオネルに代表されるトイトレインから始まって徐々にスケールに到達するようになっています。
それにひきかえ日本の状態はいかがなものでしょうね。

一応、Nゲージが入門ということになっているのですが、その先がありません。Nゲージで細密工作する人は稀でしょうね。
50年前の日本の三線式Oゲ−ジは、今となって思えば、偉大な働きをしたのだと思えるようになりました。
3. Posted by 佐々木精一   2010年05月11日 03:25
Nゲージは、その先が無いだけでなく、入門にすらなっていないかと思われる。

昭和20年代末から昭和30年代に、秋田の片田舎の玩具屋の息子ならぬ孫であった私には、近隣の子供達が所有する玩具の平均的数量の10倍も20倍もの数の玩具が有った。しかも近隣の子供達の玩具が、せいぜいハズミ車かゼンマイ仕掛けなのに、私は電気仕掛けで走行しライト点灯する自動車やロボットの玩具を持っていた。
秋田の佐々木家の遠縁にあたる札幌の國井家は、薄野で写真館と美容院を営んでいた。男は写真家と画家、女は美容師(結髪師と着付師)を務める家柄であった。
二歳十カ月の私と従姉を連れた私の母は、娘時代に美容師修行に明け暮れした國井家を再び訪れ長期に滞在した。

國井家には画室も在ったが、離れにはモデルルームも在った。
壁面に飾られた艦船模型の数々、工作のための机、初めて見る精密な工具の数々…。
女の人々との遊びに厭きた私の心を見透かした國井家の御兄さんは、私をその部屋に招き入れ、全長1メートル程の軍艦の模型を棚から机に移し置くと甲板ごと外す事の出来るブリッジを持ち上げ、そこに現れたスイッチに手をかけた。スクリューが回った!
そして次に私もスイッチを入れさせてもらう事が出来た。玩具とは異なる緊張感に溢るる造形に魅せられて仕舞った。
玩具とは全く異なる模型の世界を、私が初めて知った瞬間だった。
この数年後、七歳の夏に中ノ島の火星堂や狸小路の中川ライター店に買い物に行き、鉄道模型に出会った。

最近入手したNゲージ製品には恐ろしい事が書いてある。「3歳未満のお子様には絶対に与えないでください」「8歳未満のお子様には適しません」「対象年令15歳以上」と。
これでは私はモデラーに成り得なかった。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ