2010年02月20日

イコライザの設計 その8

8-Wheel Buckeye Truck equalizing それでは最後に、均等化の事例の中で、やや面倒な例を一つ出そう。Buckeye社の鋳鋼製8輪テンダ台車である。この第四問の台車の4軸は、均等な軸重を持つようにしたい。どうしたらよいだろう。
 この図はNot to Scaleである。そのつもりで考えて戴きたい。

weight distribution いままでいくつか均等化事例を議論してきたので、次は不等化の例を扱うことにする。初期の電車にMaximum Traction 台車があった。片方に大きな軸重を掛けて、他方は転ばない程度にしか軸重が掛からない。

 第五問は軸重比を1:2にしたい時のイコライザ比を求める例である。さらにこの図と等価な図を描き、台車のセンタピンの位置を出して戴きたい。

 公表を望まない解答、ご意見などはコメントを通じてお送りくださるとありがたい。「公表拒否」と指示して戴けば、その旨尊重させて戴く。


トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by AC9   2010年02月20日 23:19
第四問:
一見ややこしく見えましたが、軸側から遡って行くと i:j=1:1と分かりました。

第五問:
k:l=2:1です。 ここまでは簡単ですが、等価な図に悩まされます。 台車フレームを無視して良いのか否か?

http://uploadr.net/file/c75352e3d4

出来上がったのが上図です。 フレームは結局「存在はするがイコライザからは浮動状態」を表現して見たつもりです。


工学の切り口で語られる模型話を、平素より興味深く拝読させて頂いております。
2. Posted by dda40x   2010年02月21日 17:00
正確に論理を組み立てられていますね。
 

3. Posted by harashima   2010年02月21日 19:22
中央の支点にはフレームからの荷重がないのでしょうか。
するとリンクへの荷重は軸重と同じで、この図はScaleに近く見えます。
面倒な例と書かれると引っかかっているのかと考えてしまいます。

第五問は前回の左上の図を見ているとピンときます。
4. Posted by dda40x   2010年02月21日 20:58
> 中央の支点にはフレームからの荷重がないのでしょうか。
浮動していますから、左右の腕からしか力は掛かりません。


> 第五問は前回の左上の図を見ているとピンときます。
とても良いところに目を付けられましたね。
5. Posted by AC9   2010年02月22日 23:14
>正確に論理を組み立てられていますね

誠に恐縮でございます。 子供の頃から理科と図工だけは得意でした。

第五問の回答図の中段、力点の配置図からセンタピン位置を割り出す方法を考えておりますと、バネ/イコライザのスパン比を表せるグラフのイメージが湧いて参りましたのでお送りします。

m点を左右に動かせると、スパンの異なるバネの組合せも再現出来る筈と思いますが、2Dでは無理でした。

[お送り戴いたグラフは2月24日の記事に引用させて戴きました]

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ