2009年11月29日

復元装置の製作

centering device parts フライスでブラスの角棒から所定の形に切りだす。下側は斜面でこする可能性があるから角を取っておく。スプリング・シートは、ボールベアリングの軸より十分に低くなるようにする。そうすると底部が薄くなり曲がってしまうので、上の方にレイルを切ったものを付ける。洋銀レイルは加工硬化しているので細くても十分硬い。
 

 台車の底板は、薄い板より切り出し、角穴をあける。H字型に切り込んで押し下げ、その中にV型の板を付ける。この上をボールベアリングのアウタ・レースが転がる。このあたりの部品は全く見えなくなるのでそれほど丁寧な工作はしない。寸法があっていれば、良しとする。見えないところを綺麗に作るのは、筆者の主義に反する。このあたりはご意見のある方もあるだろう。

 角穴は角パイプがするすると横に動けば合格だ。どうせ見えないところだから、糸鋸で切り出したままで、ヤスリも掛けていない。ここで鋳物部品の底部を切り取り、大きな開口部を作る。この時補強を入れていないとつぶれてしまうので、先に第一軸のところに天井板を付ける。これは3点支持の中点になる。

 ボールベアリングの軸はハンダ付けするわけにはいかないので、祖父江方式で留めた。穴をリーマで滑らかにし、ギリギリの太さの軸をニッパで傷を付けて押し込む。その上をヤスリ掛けすると、どこが穴なのかが分からなくなる。半永久的に抜けることがない。もちろん向う側から押し出せば出てくるだろう。 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by harashima   2009年11月29日 15:48
興味深く拝見していますが、図と文章だけでは私には難しいですね。
「H型の切り込みを入れて、押し下げて曲げ」の意味がようやくわかりました。
細かい写真をいろいろ撮られるのは大変でしょうけれど。
2. Posted by dda40x   2009年11月29日 21:53
 この方法は、簡単な割には意外と正確にできます。以前はフライスで傾けて斜面を削ったりしましたが、そんなことをする必要もありません。それほど力もかからないので楽な方法です。
 先台車の命は車軸のガタをなくすことです。左右動が全てコロに掛かるようにせねばなりません。 
 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ