2009年11月21日

先台車の復元装置

centering device 先台車の役割は大切である。先台車に復元が付いていない機関車をときどき見る。直線線路上でも機関車が横を向いている場合がある。ましてや、ポイントで曲線に入るときの振る舞いがおかしい。動輪がトングレイルに掛かるまで向きが変わらない。

 復元装置はいくつか試作したが、以前UPの4-8-4に付けたものが最高の性能を示したので、それを再度作る。
 実はチャレンジャその他の先台車を多数作らねばならないので、レーザカットすることにして、その試作見本を手作りで作ってみた。
 ボールベアリングのアウタ・レースをローラーとして荷重を掛けると、非常に大きな復元力が発生する。バネ式では中心付近の復元力が弱く、役に立たない。

UP7001 pilot truckUP 7001 pilot truck 2UP 7001 pilot truck bearing 






 これはUP7001の4-8-2についていた先台車である。まずフライスで鋳物表面を落とし、ハンダ付けの準備をする。ぺデスタルを切り込むので補強が必要だからだ。
 軸箱をパイプでつないでキャノン・ボックスという構造にする。左右の中心に荷重を掛ける必要があるからである。力が掛かるので硬質ハンダを使っておく。

 内径5mm外径8mmのボールベアリングを納めて、スペーサをはさみ、車輪の左右のガタを完全にゼロにする。復元力を効かせるのだから当然のことだ。

 床面を下げて、左右動による輪重移動を最小にする。それにH型の切り込みを入れて、押し下げて曲げ、斜面を張り付ける。これで台車側の作業は終わりだ。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 読者   2009年11月30日 09:11
5 左右方向のガタを除く為にスラストベアリングを燐青銅の板ばねで押し付けるという方法を使われた方はいるのでしょうか?
2. Posted by dda40x   2009年12月03日 21:41
ボールベアリングの中では、ボールが溝の中で遊んでいます。すなわち多少のガタがあります。アウタレースとインナレースを軸方向にずらす(スラストを掛ける)と、溝の側面で力を受けます。要するにラジアルベアリングはスラストベアリングでもあるわけです。もちろん許される荷重は大きくはありません。
先輪のボールベアリング取り付けはこの方法で行うべきで、厚みの違うワッシャを何通りか用意して、順次取り替えて調節します。
うまく調節すると全くガタのない先台車ができ、復元力が直接働きます。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ