2009年11月01日

US Hobbies Challenger その8

#1 gauge Big Boy 1集煙装置  この写真をご覧戴きたい。1番ゲージのブラス製電動 Big Boy のカタログ写真である。煙突には集煙装置が付き、作動する。煙も出るようだ。どこのメーカかを調べたのであるが、分からなくなってしまった。何年か前にファイルしておいた写真だ。
 せっかく大きな模型をここまで作るのだったら、もう少し観察すればよいのにと思うのは筆者だけだろうか。

 何かおかしいのである。まるで小さいゲージの既製品模型をそのまま大きくしたような感じがする。小さい模型では簡略化の必要性もあるだろうし、工作の限界の問題もある。しかし、これは大きな模型である。20kgもあるような大きさなのである。
 模型の設計者が、実物の機能を何一つ理解していないことが分かる。
 
#1 gauge Big Boy 2#1 Big Boy cab 模型人のいない国で作るとこうなってしまうのである。さらに言えば、インポータの能力の問題がある。彼らは実物を見るチャンスがあるのだから、わかる人が行って、要所を押さえる必要があるのだ。

 最近はそれができないインポータが増えている。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 01175   2009年11月05日 15:51
このBIG BOYはACCUCRAFTの製品のようです。現行のものではないようですが、ドイツ支社(?)のHPに写真と記載が残っていました。

http://www.accucraft.de/Produkte/1_32/Dampflokomotiven_1_32__Electri/Big_Boy__AMS_/big_boy__ams_.html
2. Posted by dda40x   2009年11月08日 17:13
 情報を戴き、ありがとうございます。
 改めて写真を詳しく見てみると、不思議な部分がたくさんあります。ヴァルヴギヤが逃げを作るために曲がっています。Oゲージでもしないことです。
 左上から10枚目の写真でオイルポンプがとれていますが、その奥行きが足らないように思います。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ