2009年10月24日

US Hobbies Challenger その5

走行装置裏側 Max Gray は、動軸を可動させている。軸は1/4インチ(6.35mm)で、それはアメリカの標準であった。軸箱は砲金である。このあたりの配慮は良い。不思議なのはバネによる可動を採用しなかったことだ。1mmのネオプレンゴム板を切ってはさんだ。大きくは動かないが、格段に静かになる。ゴムの内部損失が大きいことを利用している。これは Max Gray の指定であった。

Max Gray coupling このChallengerはUS Hobbies の初期の製品であるので、かなりMax Grayの手法を踏襲している。ゴム板支持方式である。モータとの連結部も、不思議な形のカプラで結んでいる。ネオプレンゴム板を介した回転伝達で、損失が大きそうだ。この方法である必要性は感じない。普通のユニヴァーサル・ジョイントで十分だ。この写真は別機種の分解時に撮っておいたものである。

 のちに、六角軸を使ったルース・カプリングを使うようになった。これはKTMの高橋淑氏が採用した。簡単にして確実、安価な方法である。これは、もともとはイギリスのアイデアだそうだ。
 
 軸は6mmとして、専用の含油合金軸受を長らく使っていたが、1985年頃から5mmにした。今までの段付きシャフトをやめてストレート軸を採用したたからだ。すると在庫の6mm用の穴が開いた含油合金の軸箱は無駄になる。当然捨てるべきだったが、それに内径5mm、外形6mmのパイプを差し込むという許されないことをした。
 WSM以降の模型はこのタイプになっている。すなわち潤滑が悪い。場合によっては焼きつく。それまでは焼結して作った多孔質の含油合金製であったのに、単なるブラスパイプが摺動するようになったわけだ。この判断が誰によってなされたのか、興味深い。

 筆者はすべてボールベアリングを入れているので、このあたりのことは改造時に気が付いているが、ほとんどどなたも気が付いていないのではないかと思う。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ