2009年10月22日

US Hobbies Challenger その4

積もった埃 そもそも、落札者に落札辞退を申し入れるのは、重大なルール違反である。もし筆者が辞退しないという姿勢であるのに、売らなかったときは、最悪の評価を送らなければならないし、e-bayに申し入れて除名その他の処分をするよう求めるつもりであった。

 ところが、筆者の手紙を読んで、すぐに来た返事には、 「あなたが   serious collector であることはよく理解した。この機関車を長年探し求めてきたということはコレクションの写真を見ればよくわかる。あなたのような方に買っていただけるのなら、伯父も本望であろう。弟には、あなたのお勧めの物を買うように言っておいた。」 と妙に素直に書いてきた。

 そこで、「$10払うから、ばらしてモータとウェイトを捨てて欲しい。これらが付いていると、輸送中の事故が起こりうる。13本のねじを外すだけでよいからお願いしたい。組み立てはしなくてよい。緩衝材にくるんで箱に入れて送ってくれ。多少壊れても修理できるから構わぬ。」と書いた。

 返事は、「どうしてねじの本数がわかるのだ。本当に13本だった。」とあった。頭の中で数えて、適当に書いたのだが、それが当たっていて彼は驚いたのだ。
すぐに発送してくれたが、送料は当初の見積もりより、$10以上安くなった。すると、「あなたは本当によくわかっている。素晴らしい買い手だ。」と手紙をもらった。

 到着後、箱の中を改めると、分解時に無理をしたらしく、ハンダははがれ、こじた痕があったが、簡単に修理できた。

 この模型は長年棚の上にあったらしく、埃の堆積が見られた。ロッドの上にも積もっている。めっきも変色して悲惨なものだが、簡単に修復できた。
 超音波洗浄機が必要なほど汚れた模型には久しぶりに遭遇したが、安くてよい買い物であった。
 いずれ、下回りは押して動くギヤで二個モータに改装する。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by harashima   2009年10月22日 21:19
この写真はこびり付いた油に埃が積もったようで、相当なものですね。
最近ebayを見始めましたが、出物が多いのでおもしろいです。
出品者にもいろいろな人がいるのでしょう。
値段もだいぶこなれているような気がします。
2. Posted by dda40x   2009年10月23日 06:40
> この写真はこびり付いた油に埃が積もったようで、相当なものですね。

このあたりは掃除機をたまには掛けた範囲で、ボイラの下は厚さ2mm位の埃と油の固まったものがありました。カチカチに固まっていたので、マジックリンを掛けて30分待ち、ぬるま湯を入れた超音波洗浄機ではがしました。黒褐色に変色しためっきが銀色になった時は感動しました。

 最近、アメリカの不況で相場が下がっています。この機関車も一時期の7割以下で落とせましたし、さらに円高で実質半額になりました。あまり出来が良くないのですが、Lobaughと並べて比較したいので欲しかったものです。作り替えれば良くなると思います。
 フルスクラッチより簡単ですからね。しかし場合によってはボイラの一部を作りかえる必要もあるでしょう。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ