2009年09月28日

Ayres の室内用品

Ayres Scale Modelsdesk, table and chairs Ayresはカリフォルニアの会社である。地元の良質の松材を使った客室家具を提供していた。ルータを使って溝を掘っただけのことであるが、両袖机とか食堂車のテーブル、安楽椅子などを販売していた。
 どれも単純明快の形をしているが、色を塗って小物を取り付けると、なかなか良い。

 実は筆者は、室内装置がまだ足らないのでルータを使って量産しようと思っている。そのためにはこの会社の製品はデザインが単純で楽である。

 ルータはルータテーブルにとりつけて、材料をガイドに沿って滑らせる。大昔に29ドルだったかで買ったルータは、ベアリングの精度もよく、まだ十分に使える。
 筆者のルータテーブルは板金製の安物であるが、このような用途には十分使える。刃物も何種類かあるので、プルマンの開放寝台は簡単にできそうだ。

 問題は材料の木である。ルータに掛ける木材は、裂けにくく粘りのない木が適する。その点ではシーダか松、あるいはレッドウッドが良い。この松の芯材は、ヤニが少ない。レッドウッドは最近高価であるが、家を建てたときの残材が少しあるのでそれを有効利用してみたい。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ