2009年09月12日

UP7001の牽く列車

UP postal car 2UP postal car 



 筆者が直接聞いた範囲では、UPの大陸横断本線上を旅客機として定期運行していたのは1930年代までである。そののちはチャレンジャ、4-8-4などがその任に当たった。
 支線の優等列車の牽引機としては戦後まで使われていた。カンザスシティ行きの急行列車は毎日この機種によって運転されていた。
 この車輌はRalph Brown のキットから作られた郵便車である。この車両だけ色がやや明るい。これは椙山満氏の助言による。確かに、映画を見せてもらうと郵便車だけ色がやや明るいのがあった。プルマングリーンでなく、オリヴグリーンに近かった。

mail catcher 太いステップ、明かり採りのスリガラス、大きなメイル・キャッチャが目立つ。このメール・キャッチャは回転させて外に飛び出させることができる。その機能を優先させたため、実物のある部分が省略されている。それはハンドルである。たいして目立たないから良いと思ったが、やはり機能よりも外観を優先させておけばよかったと反省している。腕を出して走ることはあり得ないからである。
 当然ながら、メイル・キャッチャの位置は、台車のセンタ・ピン位置にある。

 ガラス保護のブラス・バーはジグを作って嵌めこんだ。車輪はLow-Dに取り換えたばかりなので、色が塗ってないのはご容赦願いたい。編成中、荷物車の前に郵便車を置く。これは強盗対策である。荷物車の貫通路は外側から鎖錠され客車の方から、郵便車には行けないようになっている。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ