2009年07月22日

逃げ角

Rake Angle 先端部のガイドには逃げ角Zが付いていない。これも祖父江氏の意向である。

 もし、ここに逃げ角があると切れ過ぎる。すなわち元の穴からずれても、ずんずんと切れてしまい、あらぬところに座グリ穴ができてしまうことになる。

 氏の手作りの刃物には、その部分に刃さえついていなかった。材料が塑性変形するのを期待したのだ。さすがに摩擦が大きく、熱が出て、周りのハンダ付けがとれるほどであった。軸箱の穴を広げる時、軸箱蓋が取れてしまう。あとでハンダ付けすればよいのだが、面倒であった。

 ほんの少し、歯科用のダイヤモンド・カッタで刃を付けると、ぐんと調子が良くなった。今回の製作でそのあたりの指示をしたら、製作者は理解しがたい様であった。

 刃物を製作する人は、切れ味しか興味がない。切れ味を落とすことには理解を示さない。このドリルはブラス用に特化しているので、逃げ角がなくてもうまくいく。これが鋼相手であるなら、たちまち駄目になるだろう。

 5 mm → 8 mmのドリルの根元は細くした。小さいボール盤しか持っていない人が多いからだ。これは評判が良かった。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ