2009年06月20日

Hard Center Frog

Hard Center Frog この写真は、ROW社製のフログである。
Right"O"Way社は、Lou Cross氏の会社であり、洋白製のポイントの部品を各種販売している。

 フログは二種類あって、このようなハードセンタのものと、組み立て式のものがある。プロトタイプの年代に合わせて選べる。

 日本の鉄道では全体が一体に鋳造されているが、このハードセンタ方式ではごく一部が硬い材質で、摩耗したときの取り換えは比較的容易である。
 軸重の大きな国ならではのアイデアである。

 この種のフログの原型作りを頼まれたことがある。結果として多忙で断ったが、やっておけばよかったと後悔している。いくつかアイデアはあった。

 ロストワックスは鋳縮みがあるので、普通のレイルを組み合わせて原型を作るとやや細くなってしまう。彼らがこれをどうやって克服したかは興味深い。

 読者の諸氏ならばどうされるであろうか。コメントを通じてお考えを知らせて戴きたい。(正解は次々回発表)

 ROW社のフログ、ポイントレイルは多種あり、よくできている。筆者もいくつか購入している。しかし、原則として筆者はポイントを自作している。フライスと大きなベルトサンダがあれば容易にできる。

 HO以下なら、手作業だけでも容易に作れる。ジグも市販されているので挑戦されてはいかがだろうか。




 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by AC9   2009年06月20日 12:13
フログの原型ですが、私ならCADで設計し後はローランドの切削機にお任せ。
もう少し手の込んだ事をしたい時は、データを出力サービスセンターに渡してワックス原型を作ってもらいキャスト(外注でも、自分でやってもよし)。
以前の記事でも触れて居られましたが、CAD/CAMの世界は敷居が高い問題がありますが、可能性の広さは圧倒的だと思います。
2. Posted by RAILTRUCK   2009年06月20日 16:33
メッキか塗装により鋳縮み分を相殺する膜厚を既製のレールで出来た原型にコートするのはいかがでしょう?
必要膜厚は20-30μのレベルと思いますが・・・。
3. Posted by 愛読者   2009年06月21日 23:01
何かの方法で太くするのですね。鉛のブロックの中に鋳込んで、それを縦方向にプレスするのはどうでしょう。
しかしこれでは装置を作るだけで大変ですね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ