2009年06月06日

Cajon Pass の守り人

Mr.Don E Toles カホン峠には、いくつかの「お立ち台」がある。絶景を眺める最高の場所が10か所くらいあるのだ。
 その中のHill 582という地点には手作りのモニュメントがあり、きれいに整備されている。写真のように植物もたくさん植えてあり、頂上も平にしてある。
 
 その場所を守っているのがこのToles氏である。地元と言ってもサンバーナディーノだから片道60キロくらいある。そこから毎日通って清掃したり、遠くからやってくるファンにアドヴァイスを与えている。
 
 もの好きと言えばおしまいだが、いつ行ってもお会いする。向こうもよく覚えていて、当方をカリフォルニア住民だと思っている。「日本から来ている」と言うととても驚くが、「来る価値があるところだ。」と言う。

 貴重な写真をたくさん撮り、それを公表している。このウェブサイトの写真の大半は彼が撮ったものである。

 今回は、トンネルその他の情報を詳しく聞いたので、その場所に写真を撮りに行くことができた。そのために進入する道路が鉄道用地であると、鉄道側にとがめられた場合、不利である。どの道が公道かという情報は彼に頼るしかない。面白いことに本線に沿った砂利道が公道であることがわかったので、その道を走った。西部開拓時代の馬車が通った道らしい。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 堀江 壽一   2009年06月21日 00:26
2007、2008年と連続してテハチャピ・ループとカホン峠をご案内頂き、有難うございました。
当時のことを懐かしく想い起しながら、カホン峠の所を読ませて頂きました。
当方体調不良とパソコン不調が重なりました。遅くなってしまいましたが、取り敢えずHill582からのスチールと動画を作成致しました。
記録メモとカリフォルニア州地図を紛失しており不確かな所が多いので間違いや、お気づきの点はご指摘下さい。
Tolles氏には2度お会いしていますね(名前は貴ブログで初めて知りましたが)。確か1回目にお会いした時、家内が丘の上で転びながらもカメラは高く掲げていたらしく「彼女はカメラを救った」と言われたのを家内は覚えています。そのカメラで撮った画像の幾つかもこの中に入っています。
http://juhorie.com/memo3tesuto582.htm
2. Posted by dda40x   2009年06月21日 07:11
堀江壽一様
 コメントありがとうございます。動画を拝見しました。同行されたI氏もちらりと写っていますね。

 22パーミルから30パーミルもある勾配を、1万トンも牽いて登るのですから、すごい迫力ですね。残念ながら再生される音からでは、現場での腹の皮が共振する低周波は感じられません。お体の調子が戻られたらまた行きましょう。

 
3. Posted by F・H   2009年06月23日 21:55
お蔭様で主人の体調も戻りつつあります。仰せのようにデジカメ機能のMOVIEではすごい迫力をお伝えするのは無理なように思いますが、主人曰く「1、2本はかなり迫力のあるものを撮っておりますから・・・」と近々掲載のつもりです。こうした楽しみがありますと気持ちも充実し体調の回復も一層早くなるようで嬉しくなります。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ