2009年03月22日

Articulated Cars

American Standard Car Co.Articulated Coach Daylightという特急列車には連接車が多数連結されている。2両一組の座席車Articulated Chair Cars、3両一組の食堂車Articulated Dinersがある。

Daylight 3-unit Diner なぜこのような車輌が採用されたのかはいろいろ理由がある。1つには連結部分のスペースが無駄なので、集約したかったのだ。列車長を短くして、効率化を図りたかった。次に、列車の軽量化が目的である。台車の数が減るとそれだけ軽くなるし、急曲線にも対応できる。(模型化するときも、台車が少ないから多少は安上がりである。)

 食堂車は中央の車両を厨房とし、前後の車両をCoffee ShopとDining Carとしている。厨房は巨大な水タンクをぶら下げており、3軸台車を採用している。よほど重かったのであろう。まだ作ってないが、屋根上には大きな羽をつけた排気扇が三つ付いている。風を受けて排気されやすい方向に向きを変える。
 窓は、厨房機器を避けた細い窓である。食材搬入用のドアもある。

 連接部は食い違いがないので幅の広い幌で結ばれている。5ft(1.5m)もの幅がある。料理を運び易い。

 大きな空調装置が床下についていて、これらはLPガスを燃料とするエンジンによって駆動される。ボンベは床下に6本入れられる。途中での入れ替えも考慮して、すぐに差し替えられるようになっている。

 このような車輌を1937年に完成させたことは驚異的である。

 仮台車に載せて撮影したので、ちぐはぐなところはお許し願いたい。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ