2009年03月12日

続 Boxcar Ken's Daylight Passenger Car

Boxcar Ken Daylight Coach これは79ftのCoachである。まだ、ディカルが貼ってないのと仮台車なので、見苦しいのはご容赦願いたい。
 ドアの横の小さい四角は荷物用のエレベータのドアである。このドアから入れたスーツケースなどは、電動で巻き上げられ、上に上がって、3段の棚になる。

 1930年代後半の製造であるが、エアコンがついている。動力はプロパンガスを燃料とするガスエンジンである。コーチ(普通車)といえども空調がついて固定窓であり、男性用、女性用の化粧室がある。

Boxcar Ken Dayliht Articulated Coach これは64ftの車体をつないだArticulated Coachである。アメリカで連接車が特急列車に使われた例は、多くはない。
 片方の車体はラジオアンテナがついている。車内にはスピーカが付いて、走行中、放送を流していた。今の感覚では、うるさいのではないかと思うが、当時は画期的なアイデアだったらしい。

 車体の床下にぶら下がるのは水タンクで、その大きさには驚く。2トン以上入るようだ。走行時間は10時間程度である。大きな化粧室(各四畳半間程度)が2つもあるからであろう。
 
 連接車を模型化するとき、連結部の剛性確保には悩む。この模型の連結部は鋼板で出来ていて、片方を台車の付いた部分に上からはめ込むようにしている。ねじりについてはまったく考慮していない。穴のわずかのガタだけで逃げている。本物は球面継手を使用している。

コメント一覧

1. Posted by 読者   2009年03月12日 21:17
5 1930年代といえばアメリカでは既に自家用車の普及によって鉄道の旅客輸送の衰退が進みつつあった時期ですね。鉄道会社の努力が伝わって来ます。
2. Posted by dda40x   2009年03月13日 21:49
当時は道路事情がよくなく、サンフランシスコ−ロスアンジェルス間は、海沿いの道と内陸の道どちらも速度を出せませんでした。
1960年ころ、高速道路のI-5が完成するまで鉄道は優位でした。速達性、安全性、快適さ、いずれの点でも勝っていたのです。
夜行寝台特急のLarkは毎晩満席だったそうです。乗客はStandard石油の社員が大半であったと言います(Lou Cross氏談)。SPはスタンダード石油と深い関係にあったそうです。
その後、飛行機が頻繁に飛ぶようになると、1時間で行けるようになり、旅客列車は無用のものになってしまいました。当時PSWという航空会社があり、これは私も何度も乗りましたが、自由席で機内で切符を買うようになっていました。
3. Posted by 読者   2009年03月16日 12:57
5 dda40x様、御教示頂きありがとうございます。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ