2009年02月28日

余裕について

 「余裕がある」という言葉は誤解を招く可能性があるので、はっきりさせておきたい。筆者の考える「余裕」とは次のようなものである。

・少なくとも、走らせる線路を持ち、走らせる時間がある。(後者が大事)
・コンテストで上位に入賞するのが目的で模型を作るのではない。結果としてコンテストに応募することはある。
・工学的な素養がある。少なくとも中学校の理科を100%理解し応用できる資質を持つ。
・模型屋以外に、工具屋、素材屋に自分で行く事ができる。
・鉄道以外の分野の趣味人とお付き合いできる。
・自分のアイデアを公表する。
・他人の指摘を素直に受け入れる。
・友人と助け合う。

 筆者のお付き合いしている模型人で、これらの点を全て満たしている人たちの作品はすばらしい。
 模型雑誌の編集方針はこれらの方向性とは異なるように感じる。その雑誌を頂点とするヒエラルキィを構成し、ある価値観を植えつけようとしているように感じた。趣味というものは人間の持つ「遊び」の部分である。人さまざまであって当然だ。

 椙山満氏がいみじくも四十年前に仰った。「コンテストは魔物だ。」
 コンテストにおいて上位入賞すると、全てが正しかったように勘違いする。中身が間違っていようが、主催者の勘違いで選ばれた結果だけが一人歩きする。
「主催者もはじめは気が付いてませんでしたが、あれは記事集めの道具なんですよ。」と椙山氏は何度も仰った。
 ところが入賞すると、何もなかったところに「権威」が誕生するのである。その権威が新たな権威を作り出す。しかし、ほとんどの人はそれに疑問を感じない。

 内野日出男氏も仰った。
「人のアイデアを盗んででも、作って出そうとする。ひどい話だぜ。事後でもいいから、『使わせてもらいました。ありがとうございました』の一言ぐらいあって当然だよ。」

 コンテストは日本の模型界に多少の進歩を与えたには違いないが、それ以上の混乱が残されたように、筆者は感じている。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 愛読者   2009年03月01日 09:30
うーん、これはすばらしい定義ですね。
中学校の理科を100%理解して応用することが出来る人は少ないでしょうね。テストで100点取れても本当に理解している人は少ないのではないでしょうか。
他人の指摘を受け入れるというのには感動しました。
確かに、人を押しのけてでも浮かび上がろうという人はいますね。ビジネスでもないのに、趣味の世界でそれをやると惨めです。しかしそういう人の作品が往々にして雑誌に載るのです。
これでは仰るように勘違いの再生産ですね。
2. Posted by アイデア盗作被害者   2009年03月08日 08:27
>「人のアイデアを盗んででも、作って出そうとする。ひどい話だぜ。事後でもいいから、『使わせてもらいました。ありがとうございました』の一言ぐらいあって当然だよ。」

これは、どこの世界でもありますが、鉄道模型の世界では世界が狭いゆえに、目立ちますね。
ひとことオリジナルの発想者、作者をリスペクトしておけばいいものを、さも、自分のアイデアのように発表する。
当然そのアイデアを自分の「手柄」として発表することが目的になるから、オリジナルの作者よりも強調し、いかにも上手に記事にする腕はたしかなものです。
ほんとうにどこにでも、なさけない、さもしい人間というものは生息しているものです。
3. Posted by dda40x   2009年03月09日 23:22
内野氏のアイデアは全く新しい蒸気機関車の駆動法でした。ギヤボックスが見えないのです。所属のクラブでそのアイデアを披露したところ、無断で発表されてしまったのです。
それで内野氏はクラブをやめてしまい、「静かに模型を楽しみたい。」という表現で怒りを表しました。
彼はオリジナルのアイデアにこだわる方でしたから、盗作されて精神的に参ってしまったのでしょう。
某メーカが特許と謳っている3点支持法も彼からの盗作ですし、3条ウォームを勝手に特許出願した模型店もあります。後者はおバカなことに、雑誌に発表されていることを知らなかったようです。

確かに模型界は狭いので悪事をたくらんでもすぐばれてしまうのですが、いつまでも盗作は止みませんね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ