2009年01月05日

UPのDiesel Oil Tanker

UP Tank Cars 16000ガロンのタンク車である。最近、オークションで非常に安値で手に入ったので塗って完成させた。一挙に6輌になった。ディーゼルオイルを運ぶもので、ディーゼル庫の近くに止まっていることが多いはずである。
 当初の3両は完成品ではなく、パーツから組んだので、Max Grayの製品とはいろいろなところが異なる。貨車はあまり細かく考証しないことにしているので、深く追求しないで戴きたい。

 ディカルの説明図を見ると、デッキ周辺は、Anti-Skid塗装がしてあるそうである。油がこぼれると滑って事故を起こす可能性があるからだろう。
 本物は砂を撒いてあるので、ザラザラどころかガリガリであるが、それを模型化するのは困難だ。
 つや消し剤を多めに入れたらどうかと試したのが右である。全体の艶は、まだ消してないのでご容赦戴きたい。そこそこの描写になったような気がする。
UP Diesel Oil Tankers 上から見るとこうなっている。上は艶消し剤が足らなかった。再度塗る予定である。車輪がまだ塗っていないのは、ご容赦を。



UP Diesel Oil Tanker2UP Diesel Oil Tanker 艶がありすぎて奇妙だが、これがディカルをうまく貼るコツである。


 艶を消すつもりでも、最大限の艶を出しておいてディカルを貼る。そうしないと膜が密着せず空気が入る可能性がある。そのあとで艶消しラッカを吹き付ければよい。


コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ