2009年01月01日

金属の臭い

 あけましておめでとうございます
 
 Thomas の貨車は何種類かあるが、タンク車のみがまともな貨車で、あとはブリキのおもちゃとしか言いようがない出来である。明らかに設計者が異なる。

 今回3台まとめて作ることにした。1台は鉄タンクである。一時期、経費削減でブラスをやめたらしい。
 製造後50年は経っているキットであるが、箱を開けるとダイキャストの臭いがする。なんとも言えない特有の臭いだ。悪い臭いではない。鉄タンクの箱はあまり臭わなかった。

 金属そのものに臭いがあると言う人がある。このことについては、筆者も興味があり、長年調査してきた。

 まず錆びていない鋼板、ブラス板、アルミニウム板、ダイキャスト部品を用意する。これらを中性洗剤とミガキ砂を使ってよく洗い、油気を取る。十円玉、五円玉、一円玉でも良い。

 きれいな紙タオルで拭いて水気を取り、清浄なピンセットではさんで臭いをかぐ。臭いなど全くない。どれも同じだ。

 次に、やや汗ばんだ手でそれらを触る。途端に独特の臭いがし始める。

 ブラス、亜鉛ダイキャストはプンプン臭う。どれも微妙に違う臭いだ。筆者には亜鉛ダイキャストの臭いが一番強く感じられる。鉄はやや弱い臭いで、異なる臭いだ。 アルミニウムはほとんど臭わない。
 再度よく洗って、乾かす。軽い機械油(ミシン油が良い)を薄く塗ると、また独特の臭いがする。日本製のブラスとアメリカ製のブラスでは臭いが異なる。   

 さてこの臭いは何だろう。
 新年早々、妙な話で申し訳ない。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 愛読者   2009年01月01日 22:30
あけましておめでとうございます
今年もレベルの高い鉄道模型の話をお聞かせください。

 金属の臭いとは面白い話ですね。確かによく洗ったものは臭いません。ということは手の汗に関係があるということでしょうか。

 このブログは、このような模型と関係なさそうな話がとても面白いので、友人にも勧めています。
 スクラッチビルドの腕自慢の方のブログは、結局はどれも同じことしか書いてありませんから。 
 
2. Posted by dda40x   2009年01月02日 23:51
愛読者様
コメントありがとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

> 金属の臭いとは面白い話ですね。確かによく洗ったものは臭いません。ということは手の汗に関係があるということでしょうか。

 私の今までの調査では、鉄と亜鉛を含むものは臭いが強いようです。こんなことを調べる人はいないので、文献を探しても参考になるものはほとんどありません。

 金属そのものが臭うと思い込んでいる人は意外に多いようですが、汗に関係していることは間違いありません。 

 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ