2008年12月28日

Draft gear

Thomas Draft Gear 1 Draft Gearは何と訳すのがもっとも適当かは、いつも悩むところである。連結器を収める箱状の物である。連結器の軸方向の緩衝以外に、左右動の緩衝も引き受けている。
 Kadeeは、押す、引く、両方の緩衝能力はない。片方だけ多少の緩衝能力があるだけである。ガタも大きいから、引き出し時にはかなりの音がする。それも楽しい音ではあるが、実物どおりに作動する模型も面白い。

 これは以前紹介したThomasのタンク車である。筆者はこれを見つけると買うのでかなりの台数を保有している。最近は円高のおかげで安く手に入る。

 筆者はほとんどKadeeに換装するが、一台だけオリジナルの組立て品を持っている。
その動きは興味深い。

Thomas Draft Gear 2Thomas Draft Gear 3Thomas Draft Gear 4 





 
 まず、左は押し込んだところ、次いで中は引き出したところである。そして、右の写真は首を振ると、スプリングの端が傾くので復元力が生じるところを示す。
 簡単な構成でここまで見事な動きをする模型は珍しい。残念なのは付属のカプラが、非可動であることだ。TransPacificの記事中同じような図が載っているが、首振りのセンタリングまで含めて解決している点で、この製品はすばらしいと思う。可動カプラにすれば全て解決する。

 しかしダンパーがないので、蓄えられたエネルギが飛び出してくる。したがって、実際の動きはややギクシャクする。適当な摩擦を生じるように板バネを挟むと良いかもしれない。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ワークスK   2008年12月29日 01:22
これは凄いです!
単純な構造ですから、判れば「な〜んだ」ですけれど、企画した人間は明らかに実物を"知って"います。そこが難しいところです。
模型の場合、前後方向の僅かなガタは問題にならないとして、トラブリそうなところは2枚の伴板の強度と摩耗ですね。軟鋼製なら大丈夫でしょうが、コイルバネを保持するボスをどうやって成型するか……。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ