2008年10月17日

続 埋没材をはずす

spraying water 裏庭で高圧洗浄機で埋没材を外しているところである。煉瓦の隙間にはさんでスプレィする。あっと言う間にきれいに外せる。ただし跳ね返りがすごいので、そのつもりで防護しておく必要がある。着衣はボロを着ていないと、あとが大変だ。靴もその程度のものを用意する。



water jet cleaning これは銀製の十字架である。頼まれてたくさん作ったのだ。銀のインゴットを切り刻んで熔かした。銀を使うときは坩堝も銀専用の物を使わないと歩留まりが悪い。



silver casting これが出来上がり。銀製品は切り取るときに、追加工がなるべく少なくなるようにする。削ると損失が大きいので切り取るだけにする。尖っているところは押しつぶすように加工する。





トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by harashima   2008年10月18日 00:43
機械は大きいし、作業は大掛かりで、広いスペースが必要ですね。
パーツ一つを作るのに大変なものです。
2. Posted by dda40x   2008年10月21日 07:49
harashima様
 お久しぶりです。
 HOの部品を少し作るだけなら、遠心鋳造で済むと思います。大物は大変です。
 埋没材の廃棄場所も、日本では見つけるのが大変です。以前は埋立地まで運んでいました。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ