2008年09月23日

ゴム型を作るもうひとつの方法

split mold もうひとつの方法はsplit moldという方法だ。ゴムが固まってから切り開くのではなくて、あらかじめゴムが分かれるように準備をしておく方法だ。
 別れ面にはパウダを十分に塗っておく。合印がいるので特殊な形をしたピンを半分まで埋める。このピンは4本程度だが、位置を不均等にすることが肝要だ。もし正方形に置いてしまうとゴム型の上下を4通りにおくことができ、勘違いを生じやすい。
 4つを台形の頂点の位置に置くのが良い。

DDA40X Sand Boxes このsplit mold法は平坦な部品の型どりに適する。 例えばDDA40Xのサンドボックスなどは最も適するものである。複雑な形のものは、やはり切り開く方法がよい。

 二つがくっついたまま加硫されるが、合わせ目から剥がしとることができる。パウダが足らないとくっついてしまうから、注意が必要だ。


DD35,DDA40X Parts by split mold  これらのパーツはDD35DDA40Xの外装部品である。これらのように単純明快な形のものはスプリット・モールドが適する。しかし凹んだ部分にはあらかじめゴムを入れておく必要がある。はさんで加熱し、剥がすだけだから、ゴム型つくりはとても簡単である。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by RAILTRUCK   2008年09月24日 13:57
天然ゴムの利点はRTVのシリコーンゴムに比べて安価、硬化(加硫)が速いということでしょうか?
シリコーンゴムのsplit moldは面倒で手間と時間を喰いますね。

2. Posted by dda40x   2008年09月24日 20:40
RAIL TRUCK様
 仰るとおりです。私は専らRTVを使ってきましたが、面倒です。調合、混和、脱泡そして12時間待つのは大変です。

 RTVでsplit moldしたことはありません。別れ面には何を塗られましたか。

 いずれ紹介しますが、今回Vulcanizerを手に入れましたので、どんどん型どりを進めたいと思います。
 
3. Posted by RAILTRUCK   2008年09月24日 23:28
わたしもRTVでsplit moldの経験はありません。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ