2008年09月01日

Dennis のレイアウト

Dennis 1 Dennisは西部の大きな機関車が好きである。UP,SP,ATSF などが好みである。レイアウトはそれらの車輌が走るべく、西部の雰囲気を再現している。
 
 ティンバ・トレッスルによって谷をまたぐメイン・ラインは一ひねりしてある。

Dennis 2 制御はLenzのDCCであるがやや古い。最近はあまり見ない2桁の番号指定のタイプである。すなわち99台までしか番号を割り振ることができない。機関車の番号はたいてい4桁なので、下2桁を書き込むのだが、同じ番号があると困ってしまう。
 たいしたことではないのだが、4桁表示の機種はありがたいと思った。

 Dennisは一度使い始めたものは壊れるまで使うというポリシィがあるように見えた。筆者は次々とアップ・グレイドするのがポリシィである。しかし、例の押して動くウォームには大変興味があリ、提供すると言ったときの彼の喜び様は文章では形容しがたい。

 最近はDCCでないレイアウトを見ることがほとんど無くなった。また、サウンドの付いていないDCCを見ることもなくなった。走らせるのが目的なのだから、配線が容易で、運転が楽しくなるDCCを採用するのが必然となった訳である。



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ